朝に最も大事な仕事をし、優先順位の高いタスクからこなそう!

杉山です。

大量の仕事や課題を
一体どのような順番でいつ取り組むのか?

最も成果が出る行動習慣術・仕事術とは?

夜より朝にやった方が良いってホントなの?

優先順位の高い仕事からこなそう!

大きな結果や成果を出し
最高のパフォーマンスを発揮する上で
重要な技術は、

やはり

『優先順位の高いものからこなす』

ということです。

これは間違いないです。

結局、やらなければならない仕事・タスクというのは
探そうとすれば無限のように出てきますし
それを実行しようとすれば
いくら時間があっても足りません。

その時に、優先順位の低い
やってもやらなくても結果がそれほど変わらない
重要でない仕事をしていたら、
それで時間が全て奪われてしまいます。

本当に大事なこと、一番大事な仕事に
取り掛かる前に、
その日一日が終わってしまうのです。

これでは、当然質の良い仕事はできませんし
何より、それで生まれる結果や成果というものは
結局小さいものになってしまいます。

これでは、成功はおぼつかないです。

なかなか前に進めません。

そこでどうするのか?

それは、

優先順位を決めて、
優先順位の高いものから処理していくのです。

これは

『大物からやっつけていく』

という感覚です。

一番肝となる仕事を
最優先にこなすのです。

一番結果に直結することから始めるのです。

朝一番に一番大事なことをやる

そして、もう1つ大事なことは、

『朝一番に一番大事な仕事をする』

ということです。

まず、

基本的に一番エネルギーを使う仕事は
なるべく朝に終わらせることです。

なぜなら、人間は朝が最も頭が冴えているからです。

人は眠っている間に脳の情報を整理し
脳の機能を回復させます。

ですから、起きた直後が最も
脳が整理された状態で、一番機能するのです。

そして、

時間が経てば経つほど
その日に新しい情報が入ったり
それを処理することに脳が酷使されますから
一日の終わりの夜には、朝よりも脳は働きにくいのです。

実際、夜中に何かに集中して取り組むのって
かなり辛くありませんか?

仕事が終わった後の夜中では
あなたの脳や体はクタクタに疲労しているはずです。

そのため、夜に仕事をするのは
とても厳しいのです。

そういった理由のため

起きたばっかりの朝に
一番重要なやらなくてはならない仕事、
優先順位1位の課題をこなすのです。

それが最も効率が良いのです。

頭がスッキリした状態で
一番大物の課題をこなすのです。

頭を一番使う仕事を朝イチにやりましょう。

自分は朝型じゃなくて、夜型なんですけど…

ただ、人によってはもしかしたら
こう思ったかもしれません。

「私は夜型で朝が弱いんですけど…」
「僕は夜の方が集中できるんですけど…」

確かに人によっては、朝が辛くて
とても頭が働かない、という人もいるかもしれません。

ただ、そんな夜型の人も
一度朝型で取り組んでみて欲しいのです。

というのも、

やはり脳は夜寝る前よりも
朝起きた直後の方が良く働くからです。

実は私自身、元々「夜型」で、
よる寝る前にいつも作業をしていました。

しかし、稼いでいる起業家や
成功しているビジネスマンの多くは
朝型で仕事をしていたのです。

それを知って、なるべく朝に
仕事をするようにしました。

元々、夜遅くまで起きて仕事して
朝はなるべく遅く起きていたのですが、
それを逆にしました。

夜は早く寝て、朝早く起きて
すぐに作業をするようにしたのです。

そして、気付いたのは
「朝型」の方が圧倒的に仕事が捗ることです。

夜に、眠い中一生懸命作業するより
夜はすぐに寝てしまって、朝早く起きて
仕事にすぐ取り組んだほうが
仕事の質が良いのです。

結果も出やすいです。

それは早く作業ができるからです。
頭が一番働くからです。

私の場合、

「朝は血圧が低くて、血行も悪いし…」

と言い訳をして、

ずっと「夜型」生活を頑なに維持していたのですが
それをやめました。

朝に血行が悪い人は
少し軽い運動をして、血液の流れを良くしてから
仕事に臨めばいいのです。

脳は明らかに「朝型」の方が良いわけですから
その「朝型」に体を最適化していきましょう。

「自分は朝型は無理」

と思っている人は、
とりあえず騙されたと思って
「朝型」を実践してみて下さい。

絶対に朝にやった方が良いので。