宝くじと初詣でわかる成功する人しない人。運任せにする人or力試しする人

杉山です。

成功する人としない人の
マインド・考え方の違いをお話します。

と言っても、これからお話しすることが
直接的に成功することに繋がるかと言えば
断言はできません。

ただ、私がこれまで多くの人の
行動や発言を観察し分析した結果、
成功者とそうでない人を二分する特徴が
少し見えてきました。

それは大きく言えば
『自分の人生をどのように捉えているか』
『自分の人生の物事とどのように向き合っているか』
という観点になります。

いくつかの場面で
成功者とそうでない人のとる行動が
明らかに異なることがわかりました。

その発見を共有できれば良いなと思います。

「宝くじ」と「成功」

まず最初に、私が気になったのは
「宝くじ」に関しての捉え方です。

世の中の多くの人に
「お金持ちになるには何をしますか?」
と質問を投げかけたら
どのような回答が得られるでしょうか?

おそらく

「お金持ちの人と仲良くなる」
「宝くじで当選する」

といったものでしょう。

特に宝くじなどのギャンブルで
「あわよくば大金を掴めたらいいなー」と
思う人はかなり多いのではないかと思います。

ただ、あなたもご存知の通り
宝くじを含めたギャンブルの類は
ほぼ運で決まってしまうものです。

宝くじで1等が当たるのは約1/1000万の確率と言われていて
これは1年間で交通事故で死ぬ確率よりも数十倍、数百倍も低い
と言われています。

とんでもなく低い確率です。

もしあなたが宝くじで1等を当てるつもりでいるのなら
「自分は交通事故で何十回、何百回も死ぬだろう」という
覚悟を持っていないと、おかしな話になります。

宝くじで大金を手に入れることで
お金持ちになるということは
それぐらい極めて低い可能性だということです。

もちろん、科学的に数学的な話をすれば
ギャンブルというのは、その試行を続ければ続けるほど
回数を重ねれば重ねるほど、
”損をしやすくなる”ということがわかっていますから

仮に
「ギャンブルでお金持ちになろう」
「ギャンブルで一発逆転しよう」
と考えるなら

その言葉通り、”一発だけ”やってみるのが理想です。

こういった理由から
宝くじを含めたその他のギャンブルは
「勝つ可能性がとても低い」というのが
誰もが知る結論ではあります。

こうした結論を知らなかったり
知っていても信じていない場合であったとしても

そもそも、多くの人にとっては
それ以外のお金持ちになる選択肢、
収入を上げる選択肢が思いつかず

結果的に消去法として
「宝くじ」という答えが出てしまっているのだと思います。

もちろん、宝くじでもなんでも、
どんなに確率が低くても
当たれば良いですが、

確率が非常に低いため、
「宝くじによる成功者」というのも
その人数は極めて少ないです。

実際、世の中に多くいる「成功者」と呼ばれる人たちは
ギャンブルによるものではないのです。

収入を得る確率が非常に低く
再現性も低いギャンブルという手段では
どうしても「成功者」にはなりえないのです。

もっと正確に言えば
ギャンブルで勝ち、一時的に大金を掴めたとしても
それをもう一度掴む再現性がないために
継続できないのです。

つまり、どんなに頑張っても
一時的にしか成功者になりえないのです。

ギャンブルというのはどこまでいっても「運」です。

「運」というのは自分でどうすることもできません。
自分で何かをコントロールすることができません。

さらに言えば、「努力」が意味を成さない世界なのです。

これはある意味では平等と言えるかもしれませんね。
努力する人と努力しない人もどちらも同じ確率で
当選するのですから。

しかし、そもそもギャンブルの場合
努力のしようがないですね。

何をどう努力すればいいのか、
全くわかりませんよね。

そういった世界なのです。

全てが運任せなのです。
しかし、それでは成功者にはなれません。

『運任せ』というのは成功者の態度ではないのです。
成功者の考え方ではないのです。

なぜなら、運任せなら誰でもできるはずですし、
運任せで大金が掴めて成功できるのなら
みんなが成功してお金持ちになっているはずです。

しかし、現実はそうではありません。

『運任せ』では成功はできないのです。

なので、成功する人というのは
宝くじを含めたギャンブルをしません。

もちろん成功したあとに
趣味としてギャンブルを嗜む成功者はいます。

しかし、ギャンブルによって富を築くことはありません。
別の手段によって富を築きます。

それがビジネスであったり、投資であったりするのです。

成功者は、他人任せ、他力本願で
自分の望みを叶えるのではなく、
自分の力で、自力で実現するものだと
考えているのです。

「初詣」と「成功」

次に成功者とそうでない人の違いがわかりやすい例として
「初詣での行動」があります。

初詣というのはもちろん
年の初めに神社や寺院を参拝することですが
その時の行動が1つの違いとなるのです。

世間の多くの人は初詣で何をするかというと
神様にお願い事をします。

「今年は彼女ができますように」
「結婚できますように」
「出世しますように」
「給料がアップしますように」

など、挙げればキリがありませんが
とにかく神様に向かってお願い事をしているのです。

多くの人は神様が自分の願いを叶えてくれるつもりで
「叶えてください」とお願いします。神様に依頼します。

誰もがそれを普通だと思っているので
みんなそうしますが、
残念ながらそれは、成功しない人の特徴です。

実は、成功者の多くは
神様に向かって頼み事、お願い事なんてしません。

成功者は神様に向かって何かを頼みません。

では、彼らは初詣で何をするのかというと

「おかげさまで去年の●●は実現しました。」
「去年は見守っていてくれて、ありがとうございました。」
「今年は○○を必ず実現しますので、見ていてください。」

というようなことです。

つまり、成功者は神様に何かを『依頼』するのではなく
去年の『報告』と、それに対する『感謝』と、
今年の『宣言』をするだけです。

普通の人は神様に何かしてもらおうという
他力本願的な態度・行動を取ってしまいます。

自分の力ではなく、神様に何とか自分の願いを
叶えてもらおうとします。

しかし、成功者というのは
あくまで自分の力で自分の願望は叶えるつもりなので
「今年、私はこうします」というようなことを言うだけなのです。

神様に対して、今年の計画・目標を発表する、宣言する。
それだけなのです。

神様には、「ただ見ていてください。やりとげますから。」
というスタンスでいるのです。

そして、その宣言に加えて
去年の成果の報告と、
見守っていてくれたことに対する感謝をしているのです。

ここが成功者とそうでない人との差なのです。

この初詣についても
先ほどの宝くじに対する態度・姿勢・考え方と同様に
「運任せにするかどうかの違い」
と考えることができます。

普通の人が初詣で、神様にお願い事をするというのは
「自分ではどうすることもできないので運に頼っている」
と捉えることができます。

ここでは「神様=運」と言えるでしょう。

「運任せ」ならぬ「神様任せ」「神頼み」と言ってもいいでしょう。

「自分の願望は誰かがきっと叶えてくれる。
そうだ!神様がいた。お願い。」

都合の良い「神様」という他力にお願いすることで
自分の努力で何とかしなくても良いことを
正当化しているのです。

ここでもやはり
運任せの人では成功者にはなりえません。

というのも、
神様にお願いして成功者になれるなら
誰でも成功者になっているはずです。

しかし現実はそうなっていない。

だから、運任せではいけないのです。
神頼みではいけないのです。

運任せにする人 VS 力試しする人

ここまで、宝くじについてと、初詣についての場面で
成功者とそうでない人が
どのように態度・姿勢・考え方が異なるのか
を見てきました。

成功者ではない普通の人というのは
人生の要所要所で運任せにしがちです。

そしてそのことは

「自分では物事をコントロールできない。」
「自分では願望・夢を叶えることができない。」
「努力したってどうにもならない。」
「自分は無力だ。」

こういったことを暗に正当化していることになります。

こうした考え方を持っていては
当然成功へは程遠くなってしまいます。

あなたがもし成功したいのなら
『運任せにする人』になってはいけません。

運任せにする人ではなく、
『力試しする人』になってください。

『力試しする人』というのはその名の通り
自分の力を信じて、自分の力で願望や夢を
何とか実現しようと試みる人のことです。

これが成功者の資質・特徴と言えます。

『力試しする人』という言葉が意味するのは

「物事は自分でコントロールできる。」
「自分で願望・夢を叶えることができる。」
「努力すれば、何でもできる。」
「自分には力がある。」
「全ては自分次第。」

ということです。

つまり、自分の力によって
成功を勝ち取る人間、勝ち取ろうとする人間
ということです。

ぜひ、あなたも『力試しする人』になってください。
そうすれば、あなたは成功へ近づくはずです。

ここで1つ注意ですが
今回は成功者とそうでない人の
特徴の分析をしたに過ぎません。

なので、「こうすれば成功する」とか
「こうしていると成功しない」とかを
断定できるものではありません。

あくまで、「そういった傾向がある」
ということに過ぎないのです。

当然ですが
「宝くじを買わなければ、必ず成功できる」ということでもなく、
「初詣でお願い事をしなければ必ず成功できる」
ということでもありません。

そうではなく、
「成功者はそんな人が多い」
ということに過ぎないのです。

成功者がある行動を取っているのは
必ず、その行動の要因となる
「思考・考え方」がそこにあるはずです。

なので、その考え方が身につかない限り
成功者の行動だけ真似したところで
何も変わりません。

「行動」というのは、「思考」からこぼれたもの
と言うのが相応しいかもしれません。

ビジネスの世界では「マインド」という言葉が多用されますが
私が言い換える言葉として最もふさわしいと思うのは
「態度」とか「姿勢」です。

つまり、物事へどのように向き合っているのか、という
その『物事への向き合い方』です。

同じ対象でも、向き合い方が異なるだけで
自分が得るものや、自分が世の中へ与えるもの、
全てが異なるはずです。

例え、同じ仕事をしていても
人によって見え方や感じ方が全く異なります。

そのある特定の見え方ができるようになった人が
成功者になっていると、私は考えています。

今日は少し内面的、精神的な内容のため
もしかしたら、胡散臭く聞こえたかもしれません。

「神様」という単語も多用してしまいましたし‥(笑)

ただ、私は特定の宗教の信者でもありませんし
かなり科学的な根拠を求める人間ですし
お察しの通り、かなりロジカルな思考の人間です。

なので、精神論とかを語るのは好きではありませんし
語ったつもりもありません。

今回のお話は
「私なりに観察、分析したら、
こんな(不思議な?)傾向があることがわかった」
というぐらいの話なので

何かしらあなたの参考になれば御の字と思っています。

では。