WordPressのメインのドメインにサブディレクトリを作り、新しいブログを設置する方法

杉山です。

今回はメインのドメインを使って
複数のWordPress(ブログ)を
設置する方法を解説します。

あなたが取得した1つの独自ドメインで
WordPressブログを1つしか作れない
わけではありません。

実は、たった1つのドメインで
複数のWordPressブログを設置できるのです。

動画で解説した通り
エックスサーバーを使えば
とても簡単にできます。

サブディレクトリとサブドメイン

1つのドメインを使って
複数のWordPressブログを設置する方法は
主にこの2つです。

  • サブディレクトリ
  • サブドメイン

この「サブディレクトリ」と「サブドメイン」の違いは

  • ドメイン:     abc.com
  • サブディレクトリ: abc.com/●●●
  • サブドメイン:   ●●●.abc.com

というものです。

サブディレクトリは
ドメインに「/」を入れて
その下にフォルダ(小部屋)を作成し、
そこにインストールします。

サブドメインは
ドメインの手前にドット「.」を付けて
その手前に文字列を入れて
新しいドメインを作り、そこにインストールします。

どちらもエックスサーバーを利用すれば
簡単に行えますが、
どのように使い分けるべきかというと

同じテーマやジャンル、
同じ目的のサイトの設置であるなら、
「サブディレクトリ」で良いです。

異なるテーマやジャンル、
異なる目的のサイトの設置であるなら、
「サブドメイン」で良いです。

今回は、「サブディレクトリ」で
WordPressを設定してみました。

エックスサーバーで設置する際の注意点

エックスサーバーなら本当に簡単に
サブディレクトリでWordPressの設置ができます。

やり方は、実はほとんど
普通にWordPressを設置する時と同じです。

>Xサーバーを使ってワンクリックでWordPressを設置する方法

唯一異なるのは
「インストールURL」の入力欄で
メインのドメインの右の「/」の隣に
文字列を入力することです。

あなたの任意の文字列を
そこに入力して下さい。

文字列は、設置したいブログ名や
それに準ずるものでいいです。

FFFTPでも利用しよう

エックスサーバーでサブディレクトリに
WordPressを設置したあと、FFFTPで確認すると、
確かにサブディレクトリが作られて
そこにブログが設置できているのがわかります。

今後、そのサブディレクトリに
PDFや音声、動画、LP、セールスレターを
アップロードしたければ、
普通にFFFTPでアップロードできます。

>FFFTPを使ってファイル(コンテンツ)をアップロードする方法

ワードプレスを設置せずに
サブディレクトリにただPDFや音声、動画、
LP、セールスレターをアップロードしたい場合は
FFFTPでフォルダを作成しておくだけで良いです。

わざわざXサーバーを使う必要はありません。

例えば

https://sugiyan1.com/●●●

の「●●●」の部分のフォルダを作成して
その中にコンテンツファイルをアップすれば
それでいいのです。

ドメインの下にフォルダを作成し
サブディレクトリを用意すれば

LPやセールスレター作成ツールや
クリック解析・短縮URL作成ツールも
簡単に導入できるようになります。

ムダに新規ドメインを購入する必要はない

新たに1ブログを構築するために
わざわざ新規ドメインを
取得する必要はありません。

サブディレクトリを作り
そこにWordPressを設置すれば
十分に使えます。

会員サイトを構築したい場合も
サブディレクトリで対応できます。

お得ですね。