「信頼残高」をいつも意識して行動する。「信用」をとにかく高めよう!

杉山です。

ビジネスの成功は
人にどれだけ信用・信頼されているか。

それで決まります。

『信頼残高』をいつも意識して
ビジネスをしましょう。

信頼残高とは?

ビジネスをしていく上で
とても重要な概念があります。

それが『信頼残高』と呼ばれるものです。

これは、

お客さんからあなたがどれだけ信頼されているか、
というレベル・貯金のようなものです。

信頼度を表すものです。

この『信頼残高』が高ければ
それだけお客さんに信頼されていて
何かのオファーをした時に
よく反応してもらえます。

商品を購入してもらえます。

逆に、この『信頼残高』が低ければ
それほどお客さんに信頼されていないので
オファーをしても無視されたり
反応が無い可能性があります。

商品もなかなか購入してもらえません。

信頼残高をいかにして上げるか

ビジネスにおいて顧客から信頼されるかどうか。

それはもう死活問題です。

この『信頼残高』が高ければ
正直何でも売れるようになります。

ビジネスは安定し成長していきます。

しかし、『信頼残高』が低ければ
売上や収入が下がり、上手くいかなくなります。

結局は、お客さんに信用・信頼されてなければ
売上なんて絶対に立たないのです。

ですから、信用や信頼というのは
常に気を付けて、注意を払うべきものです。

そして、もっと信用されてもっと信頼されるように
『信頼残高』を上げ続ける必要があるのです。

信頼残高さえ上げれば、
ビジネスで失敗することはありません。

間違いなく成功します。

多くの人は

「いかにして商品をたくさん売ろうか」
「テクニックでどうやって成約率をあげようか」

と一生懸命になっていますが、
それも大切ですが、
それ以前にやるべきことがあります。

それが

『信頼残高を高める』

ということです。

言い換えれば、
「もっと信用され、もっと信頼される」
ということです。

商品を売ることよりも
とにかく最初は信用されることや
信頼を得ることを目指すべきです。

なぜなら、信用できない、信頼できない人からは
どうやっても商品を購入してもらえないからです。

どんなにすごいテクニックを駆使しても
信頼できない人から何も買ってもらえません。

このことは誰でもわかると思います。

テクニック以前に、
まずはとにかく信用され信頼を得ることです。

どうやって信頼残高を高めるか?

『信頼残高』を高める方法としては
とにかくコミュニケーションを取ることです。

まずはそれです。

その人と関わること。

頻繁に関わって会話することです。

メールのやり取りでも良いですし
TwitterやLINEでも良いです。

また、Skypeで話しても良いです。

とにかく、自分との距離を縮めて
話をすることです。

そして、さらに信頼を得るには
『なるべく早いレスポンス(対応)をすること』です。

例えば、

メールで質問が届いたり
ブログにコメントを残してくれたり
Skypeに来てくれたり

そういった時に
できるだけ早く返信したり
反応してあげることです。

そうすることで、相手は

「この人は熱意と誠意がある人なんだな」

と認識してくれます。

どんな物事でも反応や対応が早い人は
「やる気がある人」と思ってもらえます。

特に、ビジネスの初期段階では
すでに読者やファンをたくさん抱えていて
たくさん稼いでいる人より、
リスト数も多くないので一人ひとりに対応できます。

ですから、

スタートアップの人ほど
読者が少ないこれからの人ほど
「早く対応する」ことができるので
ぜひやってほしいです。

リスト数が数万人の起業家では
もう一人ひとりに対応できず、
全員に返信することすらままなりません。

そういう人にはできないメリットが
実は「稼ぎ始めの起業家」にはあるのです。

ですから、読者が少ない内は
一人ひとりに丁寧に手厚く対応しましょう。

そうすると、本当に濃い読者やファンが作れます。

また、信頼残高を高める他の方法は

『上質なコンテンツを無料で大量に提供する』

ということです。

情報ビジネスにおいて、
提供する価値は基本的に「情報」です。
「コンテンツ」です。

そこで、本当に優れた質の高い情報やコンテンツを
大量に無料で渡してあげると
それだけでとても喜んでくれます。
感激してくれます。

「この人のコンテンツはすごい」
「この人から教えてもらいたい」
「この人のおすすめする商品なら買いたい」

そんな風に思ってもらうことができます。

ポイントは”無料で”提供することです。
しかも大量に。

価値の高いコンテンツを
無料で渡すからこそ、
その価値を認識してもらえて信頼されるのです。

しかもそれが”大量”となれば
ファンになってくれます。

感謝され、ありがたがられます。

実はこの方法が
一番手っ取り早く信頼される方法です。

言ってみれば、

無料で上質なコンテンツを
惜しみなく大量に提供することで
自分の実力(提供できる価値のレベル)を
見せつけることができるわけです。

これが重要なのです。

「なるほど、この人は
こんなに質の高いコンテンツを提供できる人なんだー」

と思わせることができるわけです。

「これからも、同じレベルの情報や
さらに質の高いコンテンツをくれるかもしれない」

そう期待させることができるのです。

その期待こそがまさに
「信頼」なのです。

そして、その小さな「信頼」を
少しずつ重ねていくことこそが
『信頼残高』を高めることにつながるわけです。

信頼残高を減らさないようにしよう

信頼残高というのは
もちろんですが減ることもあります。

それは、お客さんにとっての期待を
裏切ってしまった時です。

例えば

  • メールしたのに返信が返ってこない
  • 返信が遅い
  • 情報やコンテンツの質が粗悪
  • 約束を守らない
  • 質の悪い商品をオファーされ買わされた
  • 嘘の情報を提供された
  • 自分を否定された、邪険に扱われた

などです。

挙げればキリがないですが
どれも共通して言えば

『期待とは違った』

ということです。

お客さんや読者が求める「期待」を
裏切ってしまった時に
『信頼残高』というのは低くなります。
減少します。

信頼というのはその性質上
作り上げるのは時間も手間もかかります。

一気に信頼関係を構築したり
信用されることは難しいです。

ですから、

じっくりと信頼残高は高めていくものです。

しかし、信頼というのは
崩れる時は一瞬です。

簡単に崩壊します。

今まで信頼を大きく寄せて、期待が大きかったほど
その期待を裏切ることをしてしまった時には
大きく信頼を失い、信頼残高が減少します。

それがゼロにならなければ
まだ離れず繋ぎ止められますが
ゼロになってしまったら、
その人は離れていきます。

信頼残高というのは期待の度合いですから
相手の期待を満たしていくことが大切です。

決して裏切らず、小さな期待を満たし
小さな約束を守っていくことで
徐々に信頼残高を高めていくこと。

それが求められることです。

高い価値をとことん提供すること

信頼残高を高め続けるには
結局「高い価値を提供し続ける」ことです。

特にネットビジネスでは
質の高い情報やコンテンツを提供すること。

これが一番です。

仮に、それが「商品」として
お金を支払うものであっても

本当にその商品の質が高くて
価格に見合うものであるなら
それを紹介しても信頼残高はアップします。

お客さんが、その商品を購入して
満足してもらえたら、
信頼残高は減るどころか増えます。

その場合は、売上もアップしますし
信頼残高もアップします。

一石二鳥です。

信頼残高がアップすればするほど
次回商品をオファーした際に
購入してもらいやすくなります。

なので、

本当に良いと思った商品しか
紹介しないほうが絶対に良いのです。

目先の利益を優先して
それほど良くない商品でも紹介して売ってしまうと
お客さんは不満を持って、信頼残高は下がります。

売上はその時に一時的に上がりますが
信頼残高は下がってしまうのです。

そうなってしまうと
次回商品をオファーしても
信用されなくなっているので
売れにくくなってしまうのです。

長期的に見た時には
売上や収益は下がってしまうのです。

これでは損です。

ですから、

「収入が欲しいから」
「この商品は報酬が高いから」

という安易な理由だけで
質の悪い商品をオファーするのはおすすめしません。

最終的に損するわけですから。

そうではなく、自分が本当に
「優れている」「質が高い」と思った商品だけ
オファーするべきなのです。

結局はそれが一番稼げるわけですから。

なので、

売る商品は厳選して
報酬額の高さの誘惑に負けず
本当に良いものを紹介するポリシーを貫いて下さい。

そうする方が、最終的に大きく成功しますから。

信頼残高をどんどん増やして飽和させて
成約しやすくしましょう!

信頼残高はあなたの収益・収入に比例するはずです。