「ビジネス」とはそもそも何か?お金を稼ぐ本質とは。

杉山です。

あなたは今、とにかく手っ取り早く
「お金の稼ぎ方」を
知りたがっているかもしれません。

「早く具体的な稼ぎ方を教えてほしい」
「アフィリエイトで稼ぐには結局何をすればいいの?」
「ビジネスの方法やノウハウが知りたい!」

そんな気持ちを持っているかもしれません。

もちろんその「稼ぎ方」「方法」「ノウハウ」というのは、
それはそれで重要ですし、
このブログやメルマガで詳しくお話しています。

ただ、その「方法」を正しく活かすためには、

前提として、

“『ビジネス』というものが一体何なのか?”

ということをハッキリと認識しておく必要があります。

なぜなら、ここをいいかげんにしてしまうと、

あなたが今後どんなに稼げるノウハウを知ったところで、
1円も稼げなくなる可能性があるからです。

ですから、稼ぐノウハウの前提となる知識。
土台となる本質部分を、まずは確実に理解してください。



では、『ビジネス』とは何か、
というと

結局のところ

「ビジネス」=「価値提供」

もしくは

「ビジネス」=「価値と価値の交換」

ということです。

このことを当たり前のことだと思ったなら、
あなたは問題ありません。

しかし、

「そんなこと意識したこと無い」
「初めて聞いた」
「ビジネスってお金を稼ぐことじゃないの?」

と思った場合は要注意です。

確かに、ビジネスをすれば
最終的に「お金を稼ぐ」ことになります。

しかし、お金を稼ぐことは
ビジネスの本質ではなく、一面に過ぎません。

お金を稼ぐためには、
必ず誰か(お客さん)に“価値”を提供しなければなりません。

私たち提供者・売り手が、
まず何らかの“価値”を提供して、
その対価としてお客さん・買い手から
“お金”を貰えるわけです。

ここで言う“お金”も価値がありますから、
広い意味で言えばお金も価値と
言い換えることができます。

つまり、ビジネスというのは

「価値を誰かに提供して、
その誰かから価値(対価)を貰うという単純な取引のこと」

なのです。

単なる価値と価値の交換、
トレードをしているに過ぎないということです。

実際には、そこで提供する“価値”というのは
「商品」であり、

対価としてもらう“価値”は
「お金」だということです。

それがビジネスというものです。

しかし、このことを理解していないとどうなるかと言うと

  • “価値”を提供していないのにお金を貰おうとする
  • 価値を提供したのに「お金を貰うのが申し訳ない」と思ってしまう

といった、誤った認識や行動をしてしまうのです。

結局のところ、

ビジネスというのは「価値と価値の交換」に過ぎません。

本当にそれだけです。

ですから、売り手と買い手でどちらが偉いとか
どちらか一方が極端に欲張りになり過ぎたり、
極端に謙虚になり過ぎたりする必要は
決して無いのです。

ビジネスは、平等な取引、
フェアな取引をしているに過ぎない
のです。

そのため、

価値を提供したのなら、
それにふさわしい対価(お金)を頂くのは当然です。

なぜならボランティアをやっているわけではなく、
ビジネスをやっているからです。

逆に、

価値を提供していないのなら、
対価(お金)を求めるのは間違いです。

求めてはいけません。

そういった“適切な”スタンスを守って下さい。

そうすれば、あなたは間違いなくビジネスで成功するはずです。

このような前提を踏まえると、
結局あなたを含めた私たち「売り手」がやるべきことは
『より大きい価値を提供すること』

それに尽きるわけです。

「大きな対価(お金)が欲しければ、大きな価値を提供すればいい」

それが結論であり、
ビジネスを行う私たちにはそれしかできないのです。

大きな収益を上げ、
ビジネスで成功するために必要なことは、
実はこうしたとても単純明快なことであるわけですが、
多くの人はここを履き違えてしまうわけです。

それは

「価値を提供する前に、お金を欲してしまう」

ということです。

この意識が抜けずに
ビジネスに取り組んでいる人が大半なので
一様に彼らは稼げないで終わってしまうのです。

よく「Give and Take(ギブアンドテイク)」と言いますが、

重要なのは、まさにそれです。

GiveするからTakeするのです。

「与えるから貰える」

この順番が重要です。

そして、それが答えです。

決して「Take&Give」ではないということです。

「貰ってから与える」わけではないということです。

この真実を知ったあなたは、
決して誤った認識の稼げない人達のようには
ならないで欲しいと思います。

とにかく大きな価値を提供することだけに
注力してください。

そうすれば、自然と売上や利益は付いてくるはずです。

実はこれが一番大事なことです。

それがビジネスというものです。