モチベーションで仕事をしてはいけない。その理由とは?

杉山です。

「モチベーションが上がりません」
「だから、作業ができません」
「だから、行動できません」

こんな言葉を発していたり
思っていたりしていませんか?

実はそれは非常に危険なのです。

モチベーションが上がらないから行動できない?

ネットビジネスやアフィリエイトで稼ごうとして
いつまでも稼げていない人も少なくありません。

そんな彼らが稼げない理由の1つは

『行動していないから』

です。

そして、なぜ行動していないのかというと

『モチベーションが上がらないから』

という理由が多いです。

結局多くの人が
「モチベーション」というものを理由に
行動できずに稼げていないのです。

ただ、私に言わせれば

「モチベーションを言い訳にしている」

としか思えません。

行動できないことを
モチベーションのせいにして
いつまで経っても成功できていないのです。

モチベーションで仕事をしてはいけない。

そもそも、モチベーションを理由に
「行動できません」という人は
その考え方が間違っているのです。

仕事や作業をする上で、そもそも

『モチベーションで仕事をしてはいけない』

のです。

例えば、あなたが社会人で
会社に勤めているとしたら

「今日はモチベーションが上がらないから、会社休もう」

となるでしょうか?

ほとんどの人はそんな時にでも
ちゃんと会社に出勤するのではないでしょうか?

自分のモチベーションが上がらなかったり
気分が乗らないからという理由で
休むなんてことを普通しないですよね?

例え、モチベーションが無くても
気分が乗らなくても真面目に働くはずです。

つまり、

本当はモチベーションなんか無くても
人は仕事はこなせるのです。

行動できるのです。

しかし、

ネットビジネスやアフィリエイトなどの
自分のビジネスになった途端に
人は「モチベーション」で行動しようとするのです。

それではダメです。

あなたはその日、その時の
モチベーションが例えどうであっても、

最低の気分であっても、最悪のテンションであっても
あなたはその時にやるべきことを全てこなすのです。

当たり前のようにこなすのです。

会社で働いている時と同じように
”あなたのモチベーションや気分とは無関係に”
確実に行動してやるべき仕事をやるのです。

そうしなければ、ビジネスは決して上手く行きません。
立ち上がりません。

ビジネスで稼げるのは行動するからです。

行動して価値を生み出し提供するからです。

休んでしまったらそれができません。

だから、モチベーションなんて考えたらダメです。
無視して取り組むのです。

「モチベーション」を言い訳に
手を止めているようではダメなのです。

それでは意識が低いのです。

「やらなくてもいい」と思ってませんか?

「モチベーション」を理由に

「今日はやめよう」
「明日にしよう」

と思って行動できない人は

きっと心のなかで

「やらなくてもいい」

という選択肢を持ってしまっているのです。

正直、自分の個人のビジネスですから
それがうまく行かなくても
作業や行動をやめても誰かに迷惑はかかりません。

ですから、ネットビジネスやアフィリエイトは
その仕事に、責任感を持ちにくいのかもしれません。

「やらなくても…」と思ってしまうのかもしれません。

しかし、そんな

「やってもやらなくてもいい」

なんて思っていたら

事あるごとに自分の「モチベーション」を取り出して

「モチベーションがないので、できません」

を連発することになります。

ハッキリ言って、そんな人は成功なんてできません。
それではあなたのビジネスは、なかなか動き出しません。

確かに、あなたの個人のビジネスだから
やることもやらないことも自由なのです。

やってもいいし、やらなくてもいいのです。

しかし、自由だからと言って
すぐに怠けてしまっては、何もできません。
何も成せません。

むしろ、

「自分のビジネス」「あなたのビジネス」なのですから
会社の仕事以上に真剣に取り組んで
苦しくても辛くても取り組んで行くべきです。

特に最初はその必要があります。

「モチベーションが…」

と言っている人は
ハッキリ言って意識が低いのです。

本当はそんなことを言っている場合ではないのです。

そんな言い訳を言っていられる内は
まだまだ余裕がありすぎますし
心のどこかで

「やらなくてもいいや…」
「できなくてもいいや…」
「実は今に満足してる」

と感じているのです。

「やらない」という選択肢を
持ってしまっているのです。

しかしそれでは、力はでません。

「やらなければ」

と思わないとできません。

ビジネスは、もっと強い意志で取り組むものです。

「やらなければいけない」時に、モチベーションは不要

モチベーション云々で
「できません」と言える人は
切羽詰まっていないのです。

そして、本当の意味での
「モチベーション(動機)」が弱いのです。

多くの人が言う「モチベーション」というのは
実際の所「テンション」みたいなものです。

その時の一時的な感情、
やる気や気分のことを言っています。

しかし、本当の「モチベーション」は
そんなにすぐ下がるようなものではないのです。

モチベーションとはそもそも「動機」ですから
かなり長期的に維持できるものなのです。

数時間や数日で、それが下がったり、
失ったりするようなものでは
そもそもないのです。

何週間、何ヶ月、何年と維持できる
「行動理由」、つまり「動機」が
真のモチベーションなのです。

ですから、「モチベーション」というのは本来

『やらなければいけない』

というものなのです。

決して、

「やってもやらなくてもいいや」

と気分でコロコロ変わるものではありません。

もしも、本気で「やらなければ」と思っていたら
絶対に「モチベーションがどうのこうの」
という話には絶対にならないのです。

ですから、

もしもあなたが
「モチベーションが上がらなくて」
と思って行動できないのなら

それはまず「モチベーション」ではないので
本当の「モチベーション」を探すところから
スタートして下さい。

『やらなければならない』

と思える理由をまずは探し
それを意識して下さい。

あるいは、そんな状況に自分を置きましょう。

もう後がない。やらないとヤバイ。

そんな風に思える状況であれば
否が応でもやるはずです。

危機の時にパワーが出る

人は、危機を感じた時に
最もパワーが湧き、強い意志を持ちます。

そしてとてつもない行動力を発揮します。

それを利用できれば
ビジネスでも圧倒的な行動量をこなせて
稼ぐことができるのです。

例えば、あなたの大切な家族や恋人が
目の前の川で溺れかけている時に

「モチベーションが上がりません」
「気分が乗りません」

と言って、

助けようかどうか迷うでしょうか?

そんなことはないですよね?

普通はそんなこと微塵も考えずに
気付いたら川に飛び込んで
全力で助けようとしますよね?

結局そういうことなんです。

「助けなければいけない」
「しなければいけない」

と思うから、

そういう強い「真のモチベーション(動機)」が湧き
すぐに行動して助けようとするのです。

ここに迷いはありません。

だって「助けない」という選択肢はないですよね?

これが重要なんです。

このように、人が最も力を出せる時は
「やらなければいけない」と思ったときです。

それをあなたのビジネスでも利用するのです。

「本当に今すぐやらなければいけない」
「やらない理由がない」

そんな状況に追い込めば
必ず行動できて稼げるのです。

なので、モチベーションで仕事をしたらダメなのです。

「もうやるしかない」という思える状態にするのです。

「やるしかない」状況なら人はやるのです。

これが「モチベーション」に関する
とても大切な考え方です。