アフィリエイトに有効な媒体・メディア4種類とは?

杉山です。

アフィリエイトで稼いでいくにあたって、
どのような方法で稼いでいくのが良いのか?

どのような媒体(メディア)を
使うのが良いのか?

それを理解するには
そもそもどのような方法・手段・媒体(メディア)があるのか、
「その種類」を見ていく必要があります。

アフィリエイトする手段・媒体には、大きく分ければ
主に以下のような種類があります。

  • ブログ・サイトを使うブログアフィリエイト、サイトアフィリエイト
  • メルマガを使うメルマガアフィリエイト
  • PPC広告を使うPPCアフィリエイト
  • SNS・ソーシャルメディアを使うアフィリエイト

実際には細かく言うと他にも手段・媒体はありますが、
概ねこの辺りが一般的なアフィリエイトの方法になります。

それぞれの手段・媒体について、
その特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

ブログ・サイトを使うブログアフィリエイト・サイトアフィリエイト

「アフィリエイトで稼ぐ」となると、
恐らく最も一般的なのが
ブログやサイトを使って稼ぐやり方だと思います。

いわゆる

「ブログアフィリエイト」
「サイトアフィリエイト」

と呼ばれるものです。

この方法は、ブログやサイトに記事を投稿して、
検索エンジンからアクセスを集めて集客します。

そして、その訪問者に記事で紹介されている商品を
購入してもらうことで、アフィリエイト報酬を稼ぐという方法です。

<ブログアフィリエイト・サイトアフィリエイトのメリット>

この「ブログアフィリエイト」や「サイトアフィリエイト」のメリットは、

一度書いた記事が、ずっと媒体に残るという点です。

ブログやサイトに記事を投稿していくと、
そのブログやサイトに記事が蓄積されていきます。

そして、そのブログやサイトは
インターネット上に常に公開されているわけですから、

検索エンジンからアクセスしてきた訪問者は、
いつでもそのブログやサイトに訪問することができ、
いつでもそこに書かれてある記事を閲覧できるのです。

そこに商品の紹介記事とアフィリエイトリンクを置いておけば、
訪問者が購入してくれるというわけです。

つまり、

ブログやサイトは『24時間365日営業し続けるお店のようなもの』

なのです。

しかもそれは、あなたがパソコンを開いていない時、
遊んでいる時も眠っている時も営業しているお店なのです。

訪問者が購入するような記事とアフィリエイトリンクさえ
そのブログやサイトに置いておけば、
あとは放ったらかしでアクセスが集まり、
そのブログやサイトから商品が売れていくのです。

訪問者は好きなタイミングで
そのブログやサイトの記事(情報)を読んだり、
好きなタイミングで商品を購入したりできるのです。

あなたが何もしていない時でも、
自動で報酬を発生させることが可能となるアフィリエイトなのです。

<ブログアフィリエイト・サイトアフィリエイトのデメリット>

しかし、デメリットもあります。

確かに見込み客がいつでもそのブログ・サイトに訪問して、
いつでも好きなタイミングで、好きな記事を読むことができます。

ただ、それは見込み客・訪問者のメリットであって、
アフィリエイターや販売者にとってはある種のデメリットでもあります。

それは、

こちらの読んで欲しい記事を全て読んでもらうことができませんし、
読んで欲しい順番で読んでもらうこともできない

という点です。

「どの記事をどの順番で読むか」

それは全て“訪問者・閲覧者”に左右されるもので、
それをこちらからはコントロールすることができないのです。

それに、一度ブログを訪問されても、
忘れられてそれっきりになってしまう恐れもあります。

例え、その見込み客にとって非常に有益な情報が
そのブログやサイトに書かれてあってもです。

結局のところ、ブログやサイトは記事を投稿した後は、
全て読者・訪問者任せの媒体であると言うわけです。

よく「ブログ」「サイト」は、

Pull型メディア』『待ちの媒体』『受け身の媒体』

と呼ばれます。

確かに読者が好きな時に、好きなように閲覧することができ、
放ったらかしで稼ぐことができるメリットがありますが

それは逆に、

記事の閲覧のタイミングや順番を含めたあらゆることが、
その読者・訪問者次第だということでもあります。

ブログやサイトというのはその特性上、
アクセスを待っているだけで収益を生み出すことが可能ですが、

一方で、こちらから積極的に見込み客に
アプローチすること、オファーをすることができない
という側面があるのです。

読者が訪問するのを“待つだけで”稼げますが、
それは“待つことしかできない”というのも1つの真実なのです。

メルマガを使うメルマガアフィリエイト

アフィリエイトの手法の1つとして、
「メルマガアフィリエイト」もかなりメジャーな方法です。

「メルマガ」つまり「メールマガジン」を配信して、
そこで情報提供や商品販売・商品紹介(アフィリエイト)
をする方法になります。

<メルマガアフィリエイトのメリット>

メルマガアフィリエイトのメリットは、
こちら側(配信者側)が好きなタイミングで、
何度でも読者・見込み客に直接アプローチ・オファーができることです。

メールアドレスさえ知っていれば、
その読者には、自分の好きな時に、
好きな情報(記事)を好きな順番で、何回でも届けることができます。

あなたが「この商品を今すぐ販売したい」と思えば、
今すぐその商品の紹介をメルマガで配信すればいいのです。

先程の「ブログ」や「サイト」の場合の
「待たなくてはいけない」という特徴とは異なり、

この「メルマガ」を使ったアフィリエイトは、
自分から見込み客に向けて、
こちらの都合で積極的にアプローチしたりオファーすることができるのです。

そうした特徴から「メルマガ」は

Push型メディア』『攻めの媒体』

と呼ばれます。

読者・見込み客からしてみれば、
自分のメール受信ボックスにメールが届いていれば、
やはり確認しますよね。

ましてや、その読者・見込み客が自分でメールアドレスを登録して、
そのメルマガを読む意思があるわけですから、
あなたのメルマガが届いていれば、普通喜んで読んでくれます。

そして、メルマガであれば
こちらの好きな情報を好きな順番で読んでもらえるわけですから、
最も商品が成約されやすくなるような順番に
メルマガを配信していけるのです。

これほど便利な媒体はありません。

こうした特徴もあり、
この「メルマガ」は、「ブログ」が『お店』と例えられるのに対して、
『営業マン』に例えられます。

メルマガはあたかも各読者・各見込み客に売り込みに行く
営業マン・セールスマンとして機能するわけです。

特に、突然の訪問販売をする営業マンとは違い、
メルマガの場合には既にメルマガ登録をしてもらっていることで、
「メールを届けて欲しい」という意思のある人にだけ
届けることになるわけです。

ですから、そういう人だけにメルマガを送ったところで
当然あなたの印象が悪くなることはありません。

むしろ「商品を購入したい」というような読者も中にはいるわけで、
突然の訪問販売に比べれば成約率が高くなることは
言うまでもありません。

また、メルマガで読者にアプローチしていくわけですから、
非常に心理的な距離を縮めることができます。

メールでの双方向のコミュニケーションも取れるため、
読者・見込み客との信頼関係を構築しやすくなるのです。

メルマガで有益な情報を提供し、
読者・見込み客からの信頼や共感を得ることができれば、
それだけあなたがオファーした商品は成約されやすくなり、
大きな売上を作ることができるのです。

<メルマガアフィリエイトのデメリット>

ただ、そんなメルマガにもデメリットはあります。

それは、3点あります。

1つ目は、

「メールアドレスがわかっている人にしかアプローチできない」

ことです。

当然ですが、メルマガは
メールアドレスという届け先がわからなければ、
送ることができません。

届ける相手がいなければ、
どんなに有益な情報も提供できませんし、
商品も紹介できず、売上にはつながらないのです。

そして2つ目は

「メルマガだけでは集客ができない」

ということです。

メルマガそれ自体は読者にメールを配信するわけですから、
既にいる読者に対しては情報を提供し、
信頼を得たり商品をオファーしたりすることはできます。

しかし、見込み客を集めることには向いていません。

集客にはメールアドレスを登録してもらうページ
(ランディングページ)を用意して
そこに登録してもらうことが必要で、
それはメルマガという媒体だけでは不可能です。

3つ目は

「情報が蓄積されない、後に残らない」

ということです。

ブログは書いた記事がそこに残り、
投稿するごとに情報が蓄積され、初めての訪問者でもリピーターでも、
そのブログにアクセスすれば気軽に何度でも
同じ記事を閲覧することができます。

過去に書かれたものであっても記事が残っているので、
読むことができるのです。

しかしメルマガは、基本的に情報が一過性のものです。

流れ去って行ってしまうものです。

あなたもメール受信ボックスに届いたのを読み終わったら、
たいてい2度と読むことはないと思います。

読んだらそれっきりになるのが普通だと思います。

また、通常、登録以前に配信されたメールを読むことはできません。

(バックナンバーを公開している場合は別ですが…)

こういったデメリットがあるのです。

PPC広告を使うPPCアフィリエイト

「PPCアフィリエイト」とは
PPC(Pay Per Click)広告を使ったアフィリエイト手法で、
PPC広告とは、クリック課金型広告のことです。

検索エンジンの検索結果の画面に、
自分のサイト(広告)を掲載し、クリックされることで
初めて広告主に課金される広告です。

<PPCアフィリエイトのメリット>

PPCアフィリエイトの最大のメリットを挙げるなら、
それは『成果が出るのが早いこと』です。

ある程度メンテンナスを行えば、
このPPC広告アフィリエイトも
ブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトと同様に、
ほぼ放ったらかしで稼げて、収益の自動化が行えます。

その上で、PPC広告アフィリエイトが
大きく異なる点としてあるのが、
その報酬の発生する早さです。

ブログやサイトでは、
そのブログやサイトを立ち上げたその日から
報酬を大きく発生させることはほぼ不可能です。

質の高い記事をいくつも投稿していくことで、
徐々にGoogleに評価され、SEO対策を行い、
一般に何ヶ月、半年、1年もかかって、
やっと狙ったキーワードで
上位表示できるようになります。

それが普通だと思います。

しかしPPC広告は違います。

PPC広告なら、自分が狙ったキーワードの検索結果の画面に
自分の広告(サイト)を掲載することができ、
そこから見込み客をすぐに集めることが可能なのです。

広告を掲載した初日から報酬を得ることもありえます。

効果が不確実なSEO対策を施さなくても、
異常なスピードで収益を生み出すことができるのが
PPC広告を使ったPPCアフィリエイトであり、
大きなメリットなのです。

また、売れる広告さえ作れれば、
あとは広告費を多く費やすことで、
その分リターンも大きく返ってくるわけです。

<PPCアフィリエイトのデメリット>

時間をカットすること、時間をかけないで収益を生むのが
PPCアフィリエイトのメリットですが、
もうお分かりかもしれませんが、そのデメリットは
その分「お金」をかけていることです。

ですから、このPPCアフィリエイトの最大のデメリットは

『広告費がかかること』です。

また、広告費をかけるということは、
場合によっては赤字になることもあります。

PPC広告はあくまでも
「狙ったキーワードからのアクセスを集める」ことに過ぎません。

決して、そのアクセスが報酬に結びつくことを
保証するわけではありません。

そのため、広告費に対して売上が低ければ当然赤字になります。

そのリスクがPPC広告にはあります。

要するにPPC広告は、
検索エンジンから見込み客を集めるために
SEO対策のような「時間」をかけない代わりに、
お金」をかけてアフィリエイトする方法なのです。

ブログやサイトとあえて比較するなら

集客に時間をかけるのがブログアフィリエイト・サイトアフィリエイト。

集客にお金をかけるのがPPCアフィリエイト。

そのように捉えることもできます。

SNS・ソーシャルメディアを使うアフィリエイト

アフィリエイトする方法は
ブログ・サイト、メルマガ、PPC広告だけではありません。

インターネット上からアクセスを集められるものなら、
基本的になんだっていいのです。

ですから、様々なSNS・ソーシャルメディアを使って
アフィリエイトしてもいいのです。

YouTube、Twitter、facebook、LINE、インスタグラムなど
その他流行しているSNS・ソーシャルメディアを使って
アフィリエイトすることも可能です。

<SNS・ソーシャルメディアを使ったアフィリエイトのメリット>

SNS・ソーシャルメディアを活用したアフィリエイトの
メリットとしては主に2つあります。

メリットの1つ目は、

『すでに多くの見込み客(利用者)がいる』

という点です。

何と言っても、信頼を得たり、売り込みをするにしても、
その前提としてそこに“人”がいなくてはなりません。

お客さん・見込み客がいなければ何も始まりません。

ですから、そのメディアにすでに
多くの利用者が存在していることがまず重要です。

世の中には腐るほど多くのSNS・ソーシャルメディアが存在しています。

そして、そのほとんどは利用者が増えずに廃れて消え去ります。

今私たちが使っている
YouTube、Twitter、facebook、LINE、インスタグラムなどは、
その利用者が数千万人規模まで増加した稀なメディアなのです。

数千万人もの人が集まっているメディアであれば、
自分のターゲットとなる見込み客を
集客しやすいことは明らかです。

集客しやすければそれだけ
最終的に大きな売上を作ることも可能です。

逆に100人しか利用していないメディアだったら、
集客に苦労します。

当然成約数も少なくなるので、売上も大きくはなりません。

メリットの2つ目は、

『ハードルが低い』

という点です。

YouTube、Twitter、facebook、
LINE、インスタグラムといったメディアは、
私たちが普段からコミュニケーションツールとして
自然と使っています。

ですから、そのメディアを使う事自体には、
それほど抵抗も感じなければ、
その使い方もすでに知っているわけです。

そのため、気軽にSNS・ソーシャルメディアを使って
アフィリエイトすることができるのです。

対して、ブログやサイト、メルマガを
普段から使っているという人はそれほど多くはありません。

TwitterやfacebookなどのSNS・ソーシャルメディアに比べると
その利用者は少ないです。

そのため、そういった「使い慣れている」という意味では、
SNS・ソーシャルメディアでアフィリエイトすることに
メリットがあるわけです。

<SNS・ソーシャルメディアを使ったアフィリエイトのデメリット>

ただし、やはりSNS・ソーシャルメディアを使ったアフィリエイトにも
デメリットはあります。

それは2つあります。

デメリットの1つ目は

『それ自体アプリの1つに過ぎず、数年後は有効かどうかわからない』

という点です。

TwitterもfacebookもLINEもインスタグラムも
その他の様々なSNS・ソーシャルメディアは、
それぞれ1つのアプリに過ぎません。

そのため、そのアプリの運営会社が
規約や仕様やルールを突然変更したり、
終了させてしまう恐れもあるわけです。

突然自分のアカウントが削除されて、
「急にそこからの売上がゼロになる」
という事態も考えられます。

アプリであれば、当然利用者から飽きられて
廃れていくことも十分考えられます。

しかもそれが数年しかもたないことも
十分あり得ます。

利用者が減っていけば、そこからの集客効果が減少し、
そこからの売上が下がることは想像できますね。

つまり、SNS・ソーシャルメディアには普遍性がないのです。

5年後、10年後、20年後も使えるとは限らないのです。
長期的に使える保証がないのです。

ですから、短期的に利用することを前提とするなら
使うのも良いと思いますが、
長期的に使っていけると期待してはいけません。

もしも使うなら、
あくまで短期的な集客口の1つとしてみなし、
アクセスをランディングページに飛ばして、
メールアドレス(リスト)を収集しておくのがオススメです。

そうしておけば、
後でいつでも安心して見込み客にアプローチできます。

デメリットの2つ目は、

『利用者はそもそもそのメディアを楽しみたい人である』

という点です。

ブログやサイトに検索エンジンからアクセスする人は、
基本的にそのキーワードに関する悩みを持った人です。

ダイエットの記事を書いているブログにアクセスしてきた人は
検索エンジンで「ダイエット」と検索して訪れた人のはずです。

つまり、その場合には
何らかの「ダイエット」に関する情報を探して
そのブログに辿り着いているはずなのです。

「ダイエット」に興味があって訪れた人のはずです。

要するに、その人達は
「ある程度あなたの情報に興味がある人達」
ということです。

それに対して、

SNS・ソーシャルメディアを利用している人達というのは、

特別に特定の悩みを持っていて、
その悩みを解決したくてTwitterやfacebookなどを
使っているわけではありません。

「ただTwitterを楽しみたい」
「ただ
facebookを楽しみたい」

という人がほとんどなのです。

ですから、そのSNS・ソーシャルメディアに
たくさん利用者がいるからといって、
必ずしもあなたにとっての見込み客が
たくさんいるわけではないのです。

あなたの発信する情報に
価値を感じていない人がほとんどなのです。

そのため、SNS・ソーシャルメディアの方では
特に読者に対して、自分が発信する情報に
価値を感じてもらうような
”教育”をしていく必要があるわけです。

そういう理由もあり、
特にSNS・ソーシャルメディアで
いきなり売り込みをすると嫌われます。

それは、そこにいる人達のほとんどが
商品を購入したい人ではないからです。

そのSNS・ソーシャルメディアを
純粋に楽しんでいる人だからです。

以上が

  • ブログ・サイトを使うブログアフィリエイト、サイトアフィリエイト
  • メルマガを使うメルマガアフィリエイト
  • PPC広告を使うPPCアフィリエイト
  • SNS・ソーシャルメディアを使うアフィリエイト

のそれぞれの特徴、メリット、デメリットでした。

このようにアフィリエイトの方法、
媒体にいくつもの種類があるわけですが
結局のところ、何が一番良いのでしょうか?

>最もオススメするアフィリエイト手法とは?