5.かぎかっこ「」を使う 【ルックスライティング】

杉山です。

次に紹介したいテクニックが

『かぎかっこ「」を使う』

というものです。

記号については、かぎかっこに限らず、
文章に入れるだけで見た目にメリハリがでます。

それだけで見た目がわかりやすくなり、
読まれやすくなるのです。

では、かぎかっこは
一体どのような時に使うのでしょうか?

これは意外と考えたことがないかもしれませんね。

多くの人はなんとなく
かぎかっこを使っているかと思います。

まあ、実際私自身もそこまで意識して
かぎかっこを使っているわけではありませんが、
一応ここでは、どこでどのように
かぎかっこを使えば良いのか説明します。

参考までに理解しておいて欲しいと思います。

かぎかっこは基本的に
会話やセリフや心情、強調したい言葉に対して使用します。

そして、かぎかっこには
普通のかぎかっこ“「」”と
二重かぎかっこ“『』”の2種類があります。

その2種類はどのように使い分けるのかというと

それは

普通のかぎかっこ“「」”‥‥‥ 会話、セリフ、心情
二重かぎかっこ“『』” ‥‥‥ 強調する言葉

という基準です。

普通のかぎかっこ“「」”は会話やセリフ、心情に使い、
二重かぎかっこ“『』”は強調したい言葉に使います。

まあ、ただこれはあくまでも私自身の一応の基準です。

ですから、当然「絶対にこれを守らなければならない」
というものでもありません。

それよりも大事なのは、
“文章が読みやすくなっているかどうか”です。

かぎかっこを使う理由はそこにありますから、
結果として文章が読みやすく
わかりやすくなっていれば問題ないのです。

ちなみに、会話やセリフというのは
できるだけコピーに多く入れることをオススメします。

なぜなら、その方が面白味が増し、
文章が楽しいものになるから
です。

文章に会話やセリフが全く無いと、
文章が非常に説明口調になってしまいます。

すると、読み手に堅い印象を与え、
つまらない興味が湧かないコピーになる可能性があるのです。

そのため、できるだけ
会話、セリフ、心情を書けるところは書いて、
かぎかっこをしてください。

私はよく、登場人物の心の声、心情を
かぎかっこを使って書いています。

実際にその人が喋った言葉ではなく、
心の中で思ったこと、心情をあえて書くことが多いです。

特に、読み手がそこで疑問に思いそうなことを
あえてかぎかっこを使って書いてあげて、
そこで代弁してあげると良いです。

たとえば

====ここから====

もしかしたらあなたは
「一括でこの代金を支払えない‥」
と不安に思っているかもしれません。

 しかし、安心して下さい。
24回分割払いが可能です。

====ここまで====

というようになります。

この「一括でこの代金を支払えない‥」という部分です。

このように記してあげると、
読み手の心に湧いた疑問が代弁され、
読み手の心に沿う文章が書けます。

それによって、
読み手にますます読まれ
信用されるようになります。

このように、感情を効果的に表現するには、
かぎかっこを使って会話やセリフを書くのが
良いと思います。

それから、

言葉を強調するための二重かぎかっこ“『』”は、
特にメルマガでは重宝します。

というのも、

ブログやセールスレターでは
太字や赤字など文字装飾の種類が豊富ですが、
メルマガではそういったことができません。

メルマガでは強調したい言葉に対しては、
二重かぎかっこ“『』”を使うことくらいしか
方法がないのです。

ですから、メルマガでは特に活用してほしいと思います。

このように、かぎかっこを上手に使ってみて
文章を読みやすくしてください。