「エッセンシャル思考」を取り入れよう!21世紀情報社会の成功思考

杉山です。

情報社会の21世紀で
大きな成果を生み出し
生き抜いて行くためには

『エッセンシャル思考』

が欠かせません。

「より少なく、しかしより良く」

これが重要なのです。

「やらなくては」「どれも大事」「全部できる」をやめる

21世紀に入ってからというものの、
世界中の人がインターネットを使用し
日々大量の情報を扱うようになりました。

そして、その情報量は今後も一層増えてきて
それと共に、求められる仕事量、仕事のスピードが
格段にアップしてきました。

しかし、私たちの能力そのものは
以前とそこまで変わっていません。
変わることなどできません。

にも関わらず、
求められる水準は高いのです。

「あれもしなくては、これもしなくては」
「仕事が終わらない、どうしよう」
「全部大事だから」

と、どんどん仕事に追われて
結局全てできず、どれも中途半端。

しかも、

さらにやるべきことが
毎日増えてくる。

永遠に「大量のやるべきこと」に追いかけられる人生。

これでは身が持ちませんし、
人間の能力として限界が来ます。

パンクします。

確実に破綻します。

そして、実際にそのような”思い込み”で
苦しんでいる人も多いです。

「やらなくては」
「どれも大事」
「全部できる」

これでは苦しいのです。

これからの社会で、
そのような無理難題の要求をこなすことは
現実的に不可能なのです。

しかし、実はその要求に応える必要はありません。

その要求をこなさなくても成功できるのです。

『エッセンシャル思考』を取り入れれば。

エッセンシャル思考を取り入れると

「やらなくては」→「やると決める」
「どれも大事」→「大事なものはめったにない」
「全部できる」→「何でもできるが、全部はやらない」

という考え方になるのです。

エッセンシャル思考とは?

では、その『エッセンシャル思考』とは何か?

というと、

これは巷に山ほどあるビジネス書で語られている
よくある「より多くの仕事をこなすため」のハウツーではなく
「やり方を変えるため」の思考なのです。

エッセンシャル思考とは

本当に重要なエッセンス(本質)に絞り
より少ない仕事で、より良い結果や成果を
生み出すための考え方なのです。

より多くのことをやり遂げる技術ではなく
より正しいことをやり遂げる技術です。

この『エッセンシャル思考』の狙いは

自分の時間とエネルギーを最も効果的に配分して
重要な仕事で最大の成果を上げること。

それなのです。

単純に、「たくさん仕事をこなすこと」が
求められる時代はもう終わりました。

ただ多くの仕事をこなして
なんとかなる時代は終わったのです。

今後はそれではもう追いつかないのです。

情報が爆発的に増え、情報伝達スピードが加速し
人の価値観や選択肢が無限に増加しつつある現代では
もうそれでは立ち行かないのです。

どんなに
自分の時間やエネルギー、お金があっても
追いつかないのです。

そこでこの『エッセンシャル思考』が必要なのです。

「エッセンシャル思考」で
ムダな選択肢を削り成果が最大化するように
本当に重要なことに自分のリソースを注ぐのです。

それが今後の成功思考であり、
生き抜くための考え方なのです。

『より少なく、しかしより良く』

これが次世代の、新時代の
成功する人の考え方です。

エッセンシャル思考の3つの考え方

このエッセンシャル思考を支える
基礎的な考え方が3つあります。

その3つを紹介します。

1.選択

「エッセンシャル思考」では、
「選択する」ことがまず大切です。

『「選ぶ」ということを「選ぶ」』のです。

これがとても重要です。

多くの人が、大量のやるべきこと、
やらなければいけないことに追われ
疲弊してしまうのは、
「自分で選んでないから」なのです。

何をして、何をしないのか。

それを自分の意志で決めていない。
主体的に決めていない。

だから、やるべきこと、
やらないければいけないことの選択肢が
山ほど多く現れるのです。

それにまくしたてられるのです。

「エッセンシャル思考」では
重要なこととして

「選択することを放棄しないこと」
「選ぶ力をムダにしないこと」

が挙げられます。

決して、他人に選ばせてはいけません。

そうした途端に、大量の「やること」が
舞い込むことになるからです。

「言われたことをやるしかない」と思っているから
やるべきことが無限に増えていくのです。

そういう思い込みは捨てましょう。

そのように、
誰かに「反応的な」生き方をしている限り
他人に支配される人生を歩むことになります。

他人に自分の人生を決めさせることに
なってしまうのです。

それではいけません。

エッセンシャル思考では

「これをやろう」と自分で選ぶのです。

これが重要です。

やること、やらないことは
あなた自身が選ぶのです。

2.ノイズ

2つ目の基礎的な考え方は

『ノイズ』です。

これは

「大多数のものは無価値である」

という考え方です。

多くの人は

「あれも大事、これも大事、全部大事」

と思い込んでいます。

しかし、世の中のあらゆるものは
あなたにとって価値のないものばかりです。

価値の小さいものばかりです。

それがあってもなくても良いような
どうでもいいものばかりなのです。

例えば、服を100着も200着も持っていても
その中で本当に大事な服は
ほんの僅かのはずです。

よく考えれば、
ほとんどは無くてもいいもののはずです。

実際に、よく着るのは
せいぜい20着、30着のはずです。

他にも例えば「本」もそうです。

「あの本もこの本も読まなくちゃ」

と思っている人がいますが
本当にあなたが読むべき本は
ほとんどないのです。

これは本当です。

実際に読んで役に立つ本なんて、
人生を変える本なんて、めったにありません。

ほとんどの本は、あなたにとって
役に立たない、効果の薄い本なのです。

でも、ほとんどの本が「自分にとって重要」だと
多くの人は考えてしまうのです。

それでは、結果が出せません。

ムダな本は読んだらダメなのです。

自分にとって本当に重要な本のみを選び取り
それだけを読めば良いのです。

そうすれば、時間に余裕が出てきて
本当にやるべきことがこなせますし
しかも、自分にとって効果の高い
役に立つ本だけを読めるのです。

今、世の中にある選択肢の大多数は”ノイズ”なのです。

あなたにとって、重要でないものなのです。

エッセンシャル思考では

『大多数のものごとが不要』だと考えます。

物も情報も全て、その中のほとんどは
言わば”ゴミ”です。

みんな、その”ゴミ”を重要視しすぎなのです。

ゴミを大事にしすぎなのです。
だから結果が出にくいのです。

そうではなく、

ほとんどゴミだから、
その中に埋もれている”金(きん)”だけを選び
それを大事にするべきなのです。

3.トレードオフ

そして、3つ目の考え方が

『トレードオフ』ということです。

これは

『何かを選ぶことは何かを捨てること』

という考え方です。

自分が持つ選択肢というのは
実際、無限にあるでしょう。

しかし、大抵の物事は
何か1つを選んだら、他の選択肢が消えます。

それがトレードオフです。

例えば、「今から1時間何をするか?」
となった時に、選択肢はたくさんあります。

  • 出かける
  • 読書する
  • 食事する
  • 電話する
  • 勉強する
  • 仕事する

と細かく挙げれば、無限にありますが、
「今からの1時間」をどう使うかは
結局「1つ」の選択しかできません。

例えば、「電話する」という選択肢を
選んでしまったら、他の選択肢は
基本的に選べません。

電話したら、食事ができませんし
仕事ができません。

つまり、何か1つ選べば
他の選択肢を失うのです。

何かを捨てることになるのです。

だからこそ、
『何を選び、何を捨てるか?』
が重要になるのです。

また、何に全力を注ぐのか?

何に集中して取り組むのか?

それを決めることが大切なのです。

要するに、あれもこれも全部は選べないといことです。

「あれもしよう、これもしよう」
「全部したい。全部やろう」

これではダメなのです。

「全部はできない」という前提に立つのです。

そして、本当に重要な選択肢を選び
他を捨て、選んだことだけに
リソースを傾けるのです。

全力を尽くすのです。

ほとんどの選択肢は実行できません。

実際に実行できるのは
ほんの一部だけです。

その最も重要な選択肢を選ぶことと、
他をサッパリ切り捨てること。

そしてその勇気。

それが大切です。

ここで重要なのは「優先順位」ですね。

「断捨離」「ミニマリスト」も結局「エッセンシャル思考」

何年か前にブームになった
「断捨離」「ミニマリスト」なども
根底にあるのはこの「エッセンシャル思考」です。

「断捨離」というのは
必要なモノと不要なモノを選び、
不要なモノを捨てることです。

これはまさにエッセンシャル思考ですね。

また、「ミニマリスト」という
モノをなるべく持たない主義の人も
エッセンシャル思考の体現者ですね。

そういった言葉や概念が
近年ブームになってきているのも
エッセンシャル思考が求められ
今の時代にフィットしているからです。

『より少なく、しかしより良く』

が、これから本当に求められるのです。

エッセンシャル思考の私の成功体験

実際に私もこの「エッセンシャル思考」を
取り入れて実践してみました。

具体的に何をしたのかというと、
まずは

「不要なメルマガを全て解除する」
「不要な本やブログは読まない」
「不要なYouTube動画を見ない」

これらを実行しました。

よく考えたら、
ほとんどのメルマガは読む必要がないですし
自分に今すぐ役立つ重要な本も
ほぼないことに気づきました。

また、時間のある時に
くだらないYouTube動画を見ても
全く実りがないことに気づきました。

なのでやめました。

すると、驚くほど
時間が作れました。

そして、その「増えた時間」を使って
やるべきことをしました。

しかも、やるべきことを厳選しました。

それまで、「メルマガ」と「ブログ」を
同時に実践していたのですが、
エッセンシャル思考によって
「ブログ」を一旦捨てて、「メルマガ」に特化したのです。

すると、見る見る内に成果が上がってきました。

本当に成果が出ることにだけ
自分の時間とエネルギーを使えたからこそ
成功したのだと思います。

「エッセンシャル思考」のおかげです。

それを「しない」という美徳

今は、選択肢が増えて
「できること」が増えてきています。

しかし、それを実際には「できない」のです。

なぜなら、あなたが持っている
時間やエネルギーは限られているからです。

あれもこれも全部できるような
スーパーマンは存在しません。

少なくとも、あなたはスーパーマンになれません。
私もなれません。

そして、その必要もありません。

なぜなら「エッセンシャル思考」を身につければ
それでいいからです。

本当に大切なことだけを選択し、
それだけを行うこと。

それでいいわけですし、
それこそ最も成果を最大化する方法なのです。

「何をしないのか?」

それがある意味で、今後は美徳になるのです。

そして、

「何をするのか?」

その吟味をすること、選別をすることに
これから非常に重きを置く時代になるのです。

これが今後ますます求められるのです。

エッセンシャル思考は
今後必須の成功思考なので
必ず身に付けましょう!