ネット上にデータ保存!Dropbox(ドロップボックス)のダウンロード方法と使い方

杉山です。

今回は、自分のデータをネット上に保存することができる
Dropboxというオンラインストレージサービスを紹介します。

この「Dropbox」を利用することで
コンテンツのバックアップができて
コンテンツを消失するリスクを減らせます。

ネットビジネスには欠かせないので
必ず導入しましょう!

コンテンツを確実に残しておくために

ネットビジネスをしていると
どうしてもコンテンツがたくさん溜まってきます。

PDFや音声、動画など、データがどんどん増えていきます。

そんな中、あなたはコンテンツを
しっかりと管理できていますか?

「もしもコンテンツが消えてしまったら…」

ということを想定していますか?

できていないとしたら危険です。

すぐに対策を講じましょう。

自分のコンテンツを例えば
自分のパソコンにだけ1箇所に保管しているなら
そのパソコンが壊れてしまったら
コンテンツも一緒に失ってしまいます。

そうしたら、二度とコンテンツは使えません。

もったいないですよね?

Youtubeにアップした動画だって
アップロードしたからもう終わり、ではなく
ちゃんとバックアップとして残しておきましょう。

いつどのように使うことになるかわかりません。

データのバックアップは
HDDなどに残しておくのも良いですが
オンラインストレージサービスに保管すると
とても便利になります。

クラウド(ネット上)にデータを置いておくことで
デバイスによらず、いつでもどこでも
好きなデバイスでデータを引き出すことができます。

パソコンでもスマホでもタブレットでも
どこからでもアクセスできます。

それによって、リスクの低いバックアップになるのです。

これで、いつパソコンが壊れるかとヒヤヒヤしながら
コンテンツを残しておくことはなくなります。

Dropboxが一番使いやすい

オンラインストレージサービスはいくつもありますが
最も使いやすくてわかりやすいものが
この『Dropbox』だと思います。

データの移動はドラッグ&ドロップで
自由自在に簡単にできるので、
パソコン初心者さんでも
すぐに使いこなすことができます。

共同作業もできる

オンラインストレージサービスの良い所は
ただ「データの保管、バックアップ」に使うのではなく
他者と”共同作業”できることです。

データはネット上に保存することになるので
好きなデバイスからアクセスできます。

実は、アクセスできるのは自分とは限りません。

ファイルを共有して他の人も
アクセスできるようにできます。

そのため、

1つのファイルを共同で扱いたい場合は
そのファイルを共有することで、その相手と
共同作業してタスクがこなすこともできるのです。

便利ですね!

オンライン上にデータを保存することは
いろいろな面で便利なので、ぜひ使ってくださいね。