DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)とブログ・メルマガの役割と関係

杉山です。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)
私が推奨する「ブログ・メルマガアフィリエイト」の相性は
非常に良いです。

その理由は、ブログとメルマガの役割の違いや
その関係性にあります。

それについてお話します。

このことを理解できると、
なぜ「ブログ」と「メルマガ」の組み合わせをしているのか。

そのワケがわかります。

DRMにおける「ブログ」と「メルマガ」の役割

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)というのは
主にこの3つの流れで商品販売を行うことでした。

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

つまり、

『人(アクセス)を集めて、信頼関係を築いて、売り込みをする。』

シンプルに言えばそういうことでした。

それでは、

実際にビジネスを行っていく上で
どのように「集客」「教育」「販売」をしていくのか。

それがポイントになります。

そこで有効な手段がまさに
「ブログ」と「メルマガ」だというわけです。

なぜなら、「集客」というのは
「ブログ」が適しているからです。

そして、「教育」と「販売」は
「メルマガ」が適しているからです。

「ブログ」はそこに記事を書き溜めていくことで
検索エンジンからアクセスを集めることができます。

ある程度運営していくと
そこから自動的に集客できるようになります。

勝手にアクセスが来て、ブログの記事を読んでくれます。

そして、

「メルマガ」は読者に価値のある情報を提供していくことで
共感を得たり、信頼を獲得することができて
「教育」することができます。

また、「メルマガ」は
売りたい商品があれば、
それを読者に好きな時に配信して
売り込みをかけることもできます。

つまり、「販売」もできるのです。

要するに、

これらの「ブログ」と「メルマガ」を
組合わせて使うことで、DRMにおける3ステップ
「集客」「教育」「販売」の全てが可能になるのです。

だからこそ、ブログ・メルマガアフィリエイトは
DRMに最も適しているというわけです。

まとめると、

ブログ…

検索エンジンからアクセスを集めるための
「集客」をするための媒体。

メルマガ…

そのブログに集まったアクセスをメルマガ読者にして
その読者を「教育」するため媒体。
同時にその教育後、商品を「販売」するための媒体。

というように、それぞれの役割を持つのです。

ただ、厳密に言えば「教育」は「ブログ」でも可能です。

ブログでも情報(コンテンツ)は提供できますから
その意味では「教育」はできるのですが、
その質はやはり「メルマガ」の方が分があります。

なぜなら、ブログはメルマガのように
読み手に対して、こちら(発信者側)の好きな順番で
好きなタイミングで読んで貰うことができないからです。

この辺りは、「ブログとメルマガのメリット・デメリット」の方を
ご覧ください。

いずれにせよ、ブログとメルマガさえ使えば、
DRMに必要な3つの要素を最低限満たせるということです。

だから、ブログ・メルマガアフィリエイトは優れているのです。