DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)とは?必ず実践すべき理由とは?

杉山です。

いくつかあるアフィリエイトの種類の中でも
最も効率的に大きく稼ぐことができるのが

『DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)』

を用いたアフィリエイトです。

そして、この「DRM」を実践し、
その効果を最大に得ることができるのが
私も推奨する「ブログ・メルマガアフィリエイト」なのです。

特に「メルマガ」を使ったビジネスに有効です。

そのため私自身、
「ブログ・メルマガアフィリエイト」を今でも実践しているのです。
私がこうして今も「ブログ」と「メルマガ」を使った
アフィリエイトをしているのは
この『DRM』があるからに他なりません。

『DRM』が使えるからこそ
このアフィリエイトに大きなメリットがあるのです。

では、その『DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)』が何か、
をまずは解説しましょう。

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)とは

そもそも『DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)』とは
一体何かというと、「マーケティング」と名の付くものですから
もちろんマーケティング手法の1つです。

その中でも特に
「ダイレクト(直接)」に、「レスポンス(反応)」を取るマーケティング
ということです。

通常のマーケティング(販売戦略、販売方法)であれば
売り手がお客さん・見込み客の「反応」を直接得ることは難しいです。

例えば、テレビCMや雑誌や新聞、チラシのような広告では
売り手から買い手に一方的に情報を提供し
商品を販売する手法になっています。

これらは、お客さん・見込み客に対し
「情報を伝えること」までを目的としたマーケティングです。

それに対して
『DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)』とは
「情報を伝えた後のお客さんの反応を取ること」までを
目的としたマーケティングになります。

例えば、

メルマガに対して直接感想を返信してもらったり、
商品に関して問い合わせをしてもらったり、
アンケートに答えてもらったり、
無料プレゼントを請求をしてもらったり。

要するに、

DRMとは
『お客さんと直接双方向のコミュニケーションを取る販売手法』
ということです。

具体的なDRMの3ステップ

では、具体的に『DRM』の手順を紹介します。

それがこちらの3ステップです。

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

この3つの流れこそが、DRMの構造です。

従来のマーケティングでは

  1. 集客
  2. 販売

という2ステップが基本でした。

しかし、DRMはそこに
『教育』という段階を挟みます。

この「教育」とは何かというと、簡単に言えば
「お客さんに情報を与え、共感してもらったり信頼を得たりすること」
です。

集客してお客さんを集めたら
その人達に対して、いきなり商品を売り込むのではなく
まずは情報を提供していくのです。

価値のある情報を提供していく過程で
お客さんに共感してもらったり、
信頼関係を築いたりしていきます。

また、販売したい商品の価値を伝えたりします。

そして、お客さんに十分信用され
これから売り込みたい商品の価値を理解してもらった段階で
初めて商品を売り込むのです。

そこで初めて「販売」するのです。

これが「集客」と「販売」の間に「教育」を挟み込んだ
「DRM」の特徴です。

要するに、

DRMというのは
「教育」というステップを1つ取り入れることで
販売した時のクロージング(成約)の質を
高められるマーケティングなのです。

お客さんをしっかりと「育ててから」
商品の購入へ導いていく、ということです。

『より強い信頼関係を構築してから売る販売手法』

それがDRMと言っても良いでしょう。

なぜDRMが良いのか?メリットとは。

この『DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)』という
マーケティング手法は、マーケッターの神田昌典さんという方が
アメリカから日本に持ち込み、広めたと言われています。

そして、この『DRM』というのは
現在大きく稼いでいるトップアフィリエイターを含めた
多くの個人起業家、ネット起業家が実践しています。

つまり、日本に紹介されてから今まで
ずっと継続的に有効なマーケティングとして
存在しているわけです。

そんな「DRM」は、一体何が優れているのか。
なぜ優れているのか。

どんなメリットがあるのか。

それは一言で言えば

『お客さんの情報をより詳しく、より多く知れる』

ということに尽きます。

この「DRM」のポイントは主に2つです。

  • お客さんの反応を直接得ること
  • 「教育」というステップを組み込むこと

特に重要なのは
「お客さんの反応を直接得ること」です。

なぜなら、それによって
お客さんの求めていることがよく理解できるからです。

そもそもビジネスにおいて
売上や利益を最大化するためには
当然できるだけ多くのお客さんに
商品を購入してもらう必要があります。

そして、それには
「お客さんの信用を得ていること」が
大きな前提条件になっています。

そして、お客さんの信用を得るには

「お客さんが何を求めているか」
「何に悩んでいるのか」

といった「お客さんの詳しい情報」が必要になります。

それがわからないと、満足させられる情報が
提供できないからです。

その情報を得るためにこそ
”ダイレクト(直接)な、レスポインス(反応)”が重要なのです。

だからこそ、反応が得られる「DRM」が重要なのです。

そして、そういった「お客さんのより多くの詳しい情報」を得られるからこそ
お客さんが満足する質の高い情報を提供することができるわけであり、
だからこそ、優れた「教育」ができるのです。

つまり、「お客さんのより多くの詳しい情報」が得られているからこそ
それを踏まえた「教育」というステップも活きてくるわけですね。

これこそがDRMのメリットであり
DRMを必ず実践すべき理由なのです。

だからこそ、私はあなたにも
DRMを主体としたビジネスを勧めます。

中でも特にそのメリットを活かせる
「ブログ・メルマガアフィリエイト」を推奨します。

>DRMを詳しく学ぶならこちら