ネットビジネス大百科 特典付きレビュー 評価・評判・感想。4つの欠点とは?

アフィリエイトで稼ぐために必須な
2つの知識・スキルである

『コピーライティング』『マーケティング』
たった1つの教材で学べてしまうとしたら・・・

ネットビジネス大百科

『ネットビジネス大百科』

商品概要と特典当ブログ限定特典付き)

概要:コピーライティングとマーケティング(DRM)を1度に学べる教材
対象:情報起業及びアフィリエイトを一通り学び、稼ぎたい方
内容:一から情報商材を作り、レターを書き、販売する一連の方法
保証:購入後180日間実践し、稼げなければ1週間以内に全額返金
特典:なし
オリジナル特典①:最短でお金を生み出すインプット術(PDF)
オリジナル特典②:本編コピーライティング編のリライトレポート
オリジナル特典③:木坂健宣氏のマネタイズプレセミナーの要約レポート
オリジナル特典④:杉山の個別サポート権
オリジナル保証:杉山が無条件全額返金保証

私のビジネス人生を”狂わせてくれた”物語

例え、今あなたがインターネットを使って
まだ1円も稼いだ経験がなく、
全くのネットビジネス初心者だったとしても

これから私がお話しすることには
大きな興味と関心を持って頂けるのではないかと思います。

それは、私がかつて犯してしまった
「アフィリエイト」や「ネットビジネス」に関する
”ある大きな間違い”についてです。

この”ある大きな間違い”は、
初心者であればあるほど
自覚なく陥ってしまいがちです。

そして、この”ある大きな間違い”に気づかないかぎりは
インターネットで多額の収入を得ることは
実は非常に難しいのです。

ですから、最後まで読んで欲しいと思います。

アフィリエイト教材を初めて買う

これは私が初めて「情報商材」というものを購入し
実際にアフィリエイトを実践してみた当時のことです。

つまり、アフィリエイト業界に参入した頃のお話です。

当時の私は、ブログを量産して稼ぐ
ブログアフィリエイトの教材を実践していました。

そのアフィリエイト教材に書かれていることと
特典、アフィリエイターのサポートなどを
しっかりと使いこなせば

必ず結果が出て、稼げるようになるだろう。

そう思っていました。

そして、それは実際にその通りでした。

自分の作ったブログに自分で記事を投稿し、
そこにアフィリエイトリンクを載せる。

簡単に言えばこういった手順でしたが、
わずか1ヶ月程度で初報酬が上がりました。

この時は飛び上がるほど嬉しかったです。

初報酬58円で確信

自分の力で、インターネットを使って、パソコン1台で、
本当にお金が稼げた。

その報酬はたった58円でしたが
非常に感動したのを覚えています。

そしてワクワクしていました。

「さあ、これからもっと作業をしてもっと稼いでみせるぞ。」

「もっともっと上を目指そう。」

そう思って、ブログをいくつも量産し
それぞれのブログに大量の記事を投稿しました。

一度結果が出たのですから
それはもうやる気がみなぎっていて
寝る間も惜しんで作業に没頭しました。

今まで通り、同じことをしていけば
必ず大きな結果が出るだろうと。

私は成功することをもう確信していました。

ですが、

ここから私は、真っ暗闇の道をさまよい始めます。

時給数十円。バイト以下の収入

どういうことかというと

ブログ構築、記事投稿の作業に
時間と労力をいくら費やしても
月5000円以上を越えられなかったのです。

「月5000円以上も稼げるなんていいじゃないか」

そう思う人も中にはいるのかもしれませんが
膨大な作業時間の長さを考えると
とても「良い結果」とは言えませんでした。

恐らく時給数十円かそれ以下だったと思います。

「これならバイトでもした方が早い」

そう思うぐらいに、
それ以上は稼げなくなってしまったのです。

私はそれがなぜなのか分かりませんでした。

稼ぐための方法は知っているし、
教材に書かれてある通りに実践・作業している。

それなのに結果が出ない。

「そうだ、ノウハウが悪いんだ」

私はそれから焦り、不安になり、路頭に迷いました。
そして、私がたどり着いた答えが

「そもそもノウハウが悪かったのでは?」

でした。

今まで実践してきたそのノウハウを疑うようになり
別な教材を購入して試すことになったのです。

しかし、これが悪夢の始まりでした。

その新しく購入した教材でも
あるところで収入は止まってしまい
それ以上稼げなくなってしまっていたのです。

そうして、また困りました。

ノウハウコレクターの道を歩み出す

そして、出した答えはまたもや

「そもそもノウハウが悪かったのでは?」

でした。

そうして、さらに他のノウハウに手を出した挙句

「また稼げなかった」

「よし、次の教材だ」

「この教材はどうだろう」

「いや、これもダメだった・・・」

・・・

・・・と、

いわゆる典型的な「ノウハウコレクター」
になっていたのです。

教材は増える。しかし、お金と時間は失っていく
負のスパイラル

「稼げなかった」
「ノウハウが悪かった」
「新しいノウハウをやってみよう」

「稼げなかった」
「ノウハウが悪かった」
「新しいノウハウをやってみよう」

というような負のスパイラルに私は陥っていたのです。

次から次へと新しい教材を購入しては試して行きました。
そして、その度に教材と自分に対する失望に
打ちのめされていきました。

クレジットカードの引き落とし額が
大きく膨らむ中で、私は半ば絶望しかけていました。

「どうにもこうにも、上手くいかない」
「こんなはずではなかったのに」
「今頃は、銀行口座に多額の報酬が振り込まれているはずだったのに」

そんな時に購入した教材が

『ネットビジネス大百科』

だったのです。

期待ゼロだった教材

実はこの「ネットビジネス大百科」という教材の存在は
購入を決意する以前から知っていました。

評判が良く、多くのアフィリエイターが紹介していることも
知っていました。

ですが、購入するまでは

「今の自分にはまだ必要ない」
「すぐに結果が出そうにない」
「セールスレターがちょっと怪しい」
「勉強に時間がかかりそう」

という理由で、購入を見送っていました。

しかし、初心者の自分がすぐに結果が出て
稼げそうな情報商材の多くを
私はすでに購入して試してしまっていました。

そして、結果がまだ出ていません。

つまり、もう打つ手が無くなってしまったのです。

最後に残された選択肢

そのため、

購入を渋っていた「ネットビジネス大百科」に
いよいよ手を伸ばし、ダメ元で試してみようと思ったのです。

実際に購入をしてみて気づいたのですが
音声教材であることに少し戸惑いました。

というのも、

それまで購入してきた情報商材の類は
そのほとんどがPDFなどのテキストファイルの教材でしたので
本当に音声で学ぶことなんてできるのか心配でした。

「自分にはもしかしたら向いていないのでは?」

といった不安が頭をよぎりました。

これで、稼げるようになるわけない

正直そんな気持ちもあったのか
この教材に対する期待は高くはありませんでした。

それでもメインコンテンツである
全6編の音声を一通り聴いてみました。

全ての音声を聞き終わるのにどれだけかかったでしょうか。

全14時間以上の音声でしたので
聴き終えるのに何日もかかかってしまいました。

そして、

私がこの音声を聴き終わった直後に思ったのは

「稼げそう。早速試してみよう。」とか
「稼げそうにないな。詐欺だなこれは。」とか
「勉強になった」とか

そういう感想では全くありませんでした。

私の頭に浮かんだ、たった2文字の言葉

私の頭の中に浮かんでいたのは
『反省』の2文字でした。

どういうことかというと
このネットビジネス大百科の音声内容を聴いたことで

  • いかに今までの自分の認識が甘かったのか
  • いかに自分の知識が不足していたのか
  • いかに自分のスキルが低かったのか
  • いかに今までの自分の考え方が間違っていたのか

そういったことを思い知らされたからです。

自分がネットビジネス、アフィリエイトで稼ぐために
自分が成功するために必要なものが
そこでようやく初めて分かったのです。

そして、なぜそれまで私が成功できなかったか。
稼ぐことができなかったのか。

その理由も明確に分かったのです。

やっと気付いた「稼げなかった」本当のワケ

まさに晴天の霹靂でした。
ハンマーで頭を殴られたようでした。

そのおかげで私の目は覚めました。

そこで初めて、成功者とその当時の私との『差』が
明確になったのです。

そして、その『差』が分かれば、後は”それ”を埋めるだけでした。

ネットビジネス大百科で話されている内容の中で
とりわけ強力な魅力を放っている項目が

  • 木坂健宣氏が語っている第2編の「コピーライティング」
  • 和佐・木坂両氏が対談形式で語っている第3編の「販売戦略」

の2つです。

私はこの2編の音声を聴いた時にハッと気づいたのです。

それは、「自分には”この2つのスキル”が明らかに不足していた」ということです。

私に不足していた2つのスキル、それは・・・

”この2つのスキル”とは何かといえば

  • コピーライティング
  • マーケティング

の2つです。

それまでの私は心のどこかで
お手軽に、できるだけラクに儲けられるノウハウばかりを
追い求めていたのかもしれません。

ネットビジネスを「ビジネス」と捉えず
何か裏ワザ的な方法で収入を手にできると
甘い期待を持っていたのかもしれません。

だからこそ、それまでの私は大きく稼ぐことはできず
月5000円以上の壁を乗り越えることができなかったのだと思います。

しかし、

「ネットビジネス大百科」の内容を聴くことで
ネットビジネスをビジネスとして正しく捉えることができました。

稼ぐために本当に重要な知識やスキルが何かが分かり
いかに今までそれらの知識やスキルを得ることをなおざりにして、
ずっと避けて来たかということに気付きました。

逆に言えば、

このたった2つのスキルさえ習得することに集中すれば
アフィリエイトを始めとした、情報販売などのネットビジネスでの売上は
「超」が付くほど大きく飛躍するはずだと思いました。

コピーライティングを学ばない損失

特に、「コピーライティング」というスキルの威力は
今のあなたが想像もつかないほど
とてつもなく大きなものだと言えます。

その「コピーライティング」について
なぜコピーライティングを学ぶ必要があるのか、
その秘密を少しお話します。

当教材の第2編の「コピーライティング編」で
実はコピーライティングの重要性は詳しく語られています。

恐らく、このパートを聴いてしまうと
コピーライティングを軽んじていた自分に腹が立ち、
自己嫌悪に陥ってしまう可能性さえあります。

これは決して大げさに言っているわけではありません。

なぜなら、現に私がそうだったからです。

なぜコピーライティングを1日でも早く学ばなかったのか。
もっと早くコピーライティングを勉強すれば良かった。
最初からコピーを徹底的に学べばよかった。

そんな後悔に襲われてしまうほどです。

コピーライティングスキルがあることで
将来的に何千万円、何億円、何十億円という富を
生み出すことが可能であることが理解できますし

逆に言えば、そのスキルがなければ
それだけの莫大な収入を逃してしまうことになるのです。

本編では、語り手である木坂氏が
「成約率が0.1%上がったら売上がどう変わるか」
という想定をしてくれています。

私自身は、そのとんでもない結果を聴いて
あまりの巨額な『差』に、ゾッとしたのをよく覚えています。

木坂さんの本音

コピーライティングスキルで何億円も稼いできた木坂氏は
当教材の中でこう語っています。

「「コピーライティング面倒くさい」と言っている人は、算数ができないか、無欲かのどっちかなんですよ」

そう言わしめるくらい
コピーライティングを学ばない理由は
それ以外に存在しないということです。

さらに、木坂氏はこうも語っています。

「僕はお金がなかったからこそ、アクセスを集められないと思ったからこそ、コピーライティングをすごく学んで、文章で売るようにしたんです」

あなたももしかしたらこう思ったことがあるかもしれません。

「お金が無くて、良いツールが買えない」
「お金が無くて、良いテンプレートが使えない」
「お金が無くて、広告が打てない」
「お金が無くて、リストが購入できない」

つまり、

「お金が無くて集客できない」と。

集客できない?お金がない?それがどうした。

集客するお金がないからビジネスが成り立たない。
そう思っている人も多いです。

確かに、お金があった方がアクセスは集められます。
集客は簡単にできるでしょう。

しかし、私たちの目的は
「集客すること」
「より多くのアクセスを集めること」
ではありません。

あくまで「より多くの売上をあげること」のはずです。

集客やアクセス集めは
その売上をあげる手段に過ぎません。

つまり、売上があげられるのなら
何もアクセスを増やしたり、集客数を増やしたりする必要は
決して無いのです。

別のアプローチから
売上をあげれば良いのです。

それは、「成約率を上げる」ということです。

つまり、集客数を増やして売上を上げる代わりに
成約率を高めることで、売上を上げるのです。

そこで重要となるのがまさに

『コピーライティング』

なのです。

初心者こそ、弱者こそ「コピーライティング」

コピーライティングを駆使することで
成約率を高めて売上を上げるのです。

当たり前ですが
木坂さんでさえ、始めはお金が無かったのです。

だからこそ、コピーライティングで成約率を上げ、
限られたリスト数でも、大きな収益を上げることができたのです。

私たちも同じです。

最初から莫大な資本を持ってビジネスを始められる人は
ほとんどいません。

だからこそ、コピーライティングを学び
それを最大限活用することで
弱者でもビジネスで成功できるのです。

忘れてはいけない、もう1つのスキル

そんな「コピーライティング」と同時に必要なものが
『マーケティング』です。

特にアフィリエイトや情報販売など
情報発信をするようなインターネットビジネスにおいては
『ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)』
が重要になります。

端的に言えば

  1. リストを集める
  2. リストを教育する
  3. リストに販売する

というように、主にこの3ステップで
最終的に商品を販売します。

ここで言う「リスト」とは顧客リストのことです。
(例えば、メールアドレス、住所など)

この手順について詳しく説明し
「どの段階で」「何を」「どのように」するのか。

やってはいけないこと。
やるべきこと。
注意すべき点。

など、ビジネス上の戦略的な部分を知ることができます。

非常にシンプルな構造の中で
細かい戦略・戦術が学べます。

ここで学べるDRMを実践することで
先ほどのコピーライティングと相乗効果を発揮
取りこぼしなく収益を得ることにつながっていくわけです。

「ネットビジネス大百科」商品内容説明

さて、ここで今一度、当教材内容を確認すると

Module1:「爆発的に売れるものを2時間以内に見つけ、48時間で商品を完成させる」合計3時間16分57秒)

「商材作成」のパート。

リサーチの方法は目からウロコでした。
なぜそうするのか。理由も明確でした。

このパートは情報起業のための情報商材作りのパートですが
商材だけでなく、特典作りにも参考になります。

Module2:「読んだ人がお金を払わずには夜も眠れなくなってしまう強烈なセールスレターを一週間で書き上げる(合計4時間46分05秒)

「コピーライティング」のパート。

もう言わずもがなですが、
世界トップレベルのコピーライティングのポイントが
ぎっしりと詰まっている音声です。

木坂さんのセールスレターの異常な成約率の秘密が
ここで明らかになります。

Module3:100万円の売り上げを、コストをほとんどかけずに一気に1000万円に拡大する(合計3時間16分55秒)

「販売戦略・マーケティング」のパート。

ビジネスの全体構造が理解できます。
どのように販売まで持っていくのか。
DRMの真髄が明かされます。

ここでしくじると、
コピーライティングも意味をなさないかもしれません。

Module4:各業界での成功事例からノウハウ、テクニック、そして成功要因を“合法的に”盗み取り、自分のビジネスに活かす

「ケーススタディ」のパート。

和佐さんと木坂さんのインタビューで曝露される成功事例の数々。

Part1:1ヶ月丸々入院し、パソコンに全くアクセスできなくても売り上げが維持される・・・手堅く毎月100万円を稼ぎ出す主婦(合計41分50秒)

Part2:販売初月から月収700万円超え・・・その後も売り続け、7ヶ月で5600万円以上を稼ぎ出し、月収20万円から今では月収1000万円になった元ゴルフクラブ職人(合計42分34秒)

Part3:創業1年で2億円・・・会員制サイトを軸に利益率の極めて高い安定収入を得る26歳の青年(合計1時間28分05秒)

といった、合計15時間ほどにもなる長時間の音声コンテンツですが
これらは決して冗長で、中身が薄いわけではありません。

ただ、大切なことを話そうと思ったら
長くなってしまったのだと思います。

これらの音声を全て聴くのは少し大変かもしれませんが
実際に聴いてみればわかりますが

どれも重要なポイントが押さえられていて
「これは無くても良かったのでは?」
と呼べるようなものは1つもありませんでした。

ですが、

この「ネットビジネス大百科」という教材が
教材として完璧かと聞かれたら、
素直に「はい」とは言えません。

「ネットビジネス大百科」の4つの欠点

正直にお話しますと
この「ネットビジネス大百科」には
残念ながら4つの欠点があります。

その4つの欠点とは何かというとこちらです。

  1. 発売年が2007年で古いため、ノウハウが今では通用しない部分がある
  2. サポートが付いていない
  3. メインコンテンツの全てが音声ファイル
  4. 返金保証の条件が曖昧

ここであなたは思ったかもしれません。

「これだけ多くの欠点がある教材を購入する価値はあるのだろうか」と。

そして、

「なぜ杉山はこんな欠点だらけの教材を紹介しているのだろう。」と。

もちろん、価値がない教材、購入するに値しない教材を
私はわざわざ推奨したりはしません。

くだらない教材を推奨してしまえば
私自身の信用にキズが付くからです。

だからこそ、紹介する商品は非常に厳しい目を持って
必要最低限のものに厳選しています。

ではなぜ、欠点があるにも関わらず
この「ネットビジネス大百科」という教材を推奨するかというと

言うまでもなく

その全ての欠点を補うだけの説得材料が存在するから

です。

それでは、順番に見ていきましょう。

まずはじめに、

1.発売年が2007年で古いため、ノウハウが今では通用しない部分がある

という欠点ですが、確かに発売が2007年のため
古くて、今では通用しないノウハウもあります。

今ではあまり使われなくなったサイトやツールであったり
効果が見込めなくなった方法など、いくつか存在します。

それは認めざるを得ません。

ただし、そういった「使えなくなったテクニック・ノウハウ」があるからと言って
この「ネットビジネス大百科」という教材に価値がないかというと
決してそうではありません。

というのも、

この「ネットビジネス大百科」という教材内容において
最大の価値であり、最大の魅力となっているのが

「今後30年後、100年後も通用するスキル」

にあります。

すなわち、「コピーライティング」と「マーケティング」にあります。

これらの知識やスキルというものは
人間心理に深く基づいており、
その人間心理を科学的に動かす手段の1つが
「コピーライティング」と呼ばれ

人間心理を動かし、それを売り上げにつなげる手段が
「マーケティング」と呼ばれているに過ぎません。

そして、人間心理というものは
数年、数十年で変化することはありません。

100年経っても、200年経っても
我々人間の心が動くメカニズムは
大きく変わっていないはずです。

そのため、ネットビジネス大百科で学べる
「コピーライティング」や「マーケティング」の内容は
たかだか数年、数十年で時代遅れになったり
廃れて使い物にならなくなることなど無いのです。

言うなれば、当教材で語られているのは
ビジネスの本質なのです。

本質である以上、時間の経過によって劣化することなど
ありません。

逆に言えば、当教材内容において
時間経過によって使えなくなった部分というのは
「本質ではなかった」部分と言えます。

時間が経過したことによって、
古くて使えなくなった部分が明らかになり
かえって今でも通用する”本質”が浮き彫りになったように思います。

むしろ、発売から年数が幾年も経ったことによって
教材として、よりエッセンスが抽出されているように私は感じます。

「ネットビジネス大百科」という教材の状況はちょうど

「新しい本が必ずしも価値が高く、古い本が必ずしも価値が低いとは限らない」

ということと同じだと思います。

どういうことかというと

例えば2500年程前から存在する「論語」という本がありますが
その本がなぜ今も書店で普通に売られているのか。
その理由を考えたことはありますか?

それは、今でもその本に記されている内容に価値があり、
それを今でも読む人がいるからです。

言い換えれば

「論語」に書かれている内容は
長い時が経っても色褪せたりせず現在まで残り
”現代の人にとっても、また2500年前の人にとっても
価値があるコンテンツである”ということを意味しています。

つまり、

その内容には「時代を越えて通用する”普遍性”がある」

ということです。

断言できますが、ネットビジネス大百科で語られている内容の多くは
今現在でも十分に通用し、大いに学ぶ価値のあるものです。

つまり、ネットビジネス大百科も昔からある教材ですが、
その内容に今も昔も価値があり、普遍性があるということです。

ですから、「2007年発売でノウハウが古い」というのは
当教材の大きな欠点とは言えませんし

それによって「購入する価値が無い」というのは
甚だ見当はずれと言えます。

そして、それによって購入をためらってしまうのは
非常にもったいないです。

すでにお気付きの通り

「コンテンツのリリースの古さ」というものは
そのコンテンツの価値そのものに
直接関係するものではない

ということです。

そして次に

2.サポートが付いていない

という欠点です。

確かに、当教材にはサポートが付いていません。
どこか売りっぱなし感が否めません。

恐らくですが、販売者である和佐さんも木坂さんも
サポートを付けてしまうと自分たちの負担が大きすぎると
思ったのかもしれません。

当教材はアフィリエイト報酬が高く
アフィリエイターへ売上の大部分を支払ってしまうため
自分たち販売者の利益が低くなっています。

そのため、サポートまで付けてしまうと
価格に対して商品の価値が
割に合わないと思ったのでしょう。

しかし、サポートが受けられないということは
情報商材としてはやはり欠点になってしまいます。

教材内容を理解するだけで
稼ぐための方法が100%分かり
1つも疑問が出ないことはめったにありません。

そのため、多くの情報商材はサポートを付けています。

わからない点が出てきた時にすぐに解消できないと
やはり購入者が稼いだり、成功することは難しいでしょう。

ですから、サポートがない当教材においても
このままでは成功者を輩出することは難しいと私も思いました。

そこで、

販売者の代わりに私がサポートさせていただきます。

後ほど特典については詳しく説明しますが
私、杉山のサポートを特典としてお付けします。

ですので、私から当教材をご購入して頂いた場合は
”サポートあり”の教材となるため
「サポートが付いていない」という欠点は解消されます。

あなたはサポートがないことへの不安を
感じる必要は一切ありませんのでご安心下さい。

そして、次に

『3.メインコンテンツの全てが音声ファイル

です。

多くの情報商材がPDFや動画で提供されている中
音声教材がメインコンテンツになっているのは珍しいかもしれません。

ただ、「珍しい」だけで済ませられるのなら良いのですが
問題は、”教材として音声形式のコンテンツはどうなのか”、です。

つまり、「購入者に結果を出させる」という目的の上で
果たして「音声」という形式は優れているのかという疑問です。

何かを学ぶ、勉強する、インプットするという上で

「文章で読むのが良い」
「音声で聞くのが良い」
「動画で見るのが良い」
「リアルで対面して教わるのが良い」

などなど、色んな意見や説があります。

どのような学び方が最も有効なのかという問題は
今のところ私にもハッキリとは分かりません。

ですが、人によって向き・不向きがあったり
好き・嫌いがあると私は考えています。

そのため、「音声形式だから悪い」とか
「文章になってないからダメだ」とか
そういった批判を私はするつもりはありません。

しかしながら、音声形式のコンテンツのみしかないとなると

テキスト形式で学びたい人や
テキスト形式で学ぶのが向いている人にとっては
有効な教材とは言えませんし

必要な箇所、特定のポイントを学び直したい時や
復習したい時に、探しにくいというデメリットがあります。

とりわけ、当教材には「コピーライティング」という項目があります。

にも関わらず、「文章」ではなく「音声」形式のコンテンツで
リリースしてしまったのは疑問に思います。

コピーライティングというのはまさに「書く」ことですよね。
その内容を勉強する教材として「音声」の形を取るのは
果たしてどうなのかと私は考えました。

これについては残念ながら
教材作成上の販売者の都合だろうと
私は思っています。

つまり、
「文章を書くよりも、しゃべって音声を取るほうがラクだから。」
そういった安易な理由なのではないかと思います。

私も尊敬する木坂さん、和佐さんというお二人ですが
これについてはもう少し購入者に配慮して欲しかったところです。

かと言って、このお二人の作成した当教材内容が
「優れていない」とは、微塵も思いません。

欲を言えば、文章形式の方でも力を入れて欲しかった
というだけです。

しかしながら、文章(テキスト)形式の教材として
この「ネットビジネス大百科」に何もないかというとそうではなく
音声の書き起こしのPDFがそれぞれの編で用意されています。

ですが、それらの書き起こしは
もちろん話し言葉をそのまま文字に起こしており
改行なども無く、非常に読みにくいものとなっています。

正直、気安め程度のものです。

結局、文章(テキスト)で学びたい人にとっては
残念ながら決して良心的とは言えない教材となってしまっています。

ですが、当教材の音声で語られている内容は
これまでお話してきた通り
非常に優れたコンテンツになっているので

ただ文章になっていないというだけであって
ただただ

「すごくもったいない」

というのが、購入時からの私の思いでした。

というのも、私自身、音声で学ぶより
文章(テキスト)で学びたい人の1人だからです。

そのため、

「ネットビジネス大百科のテキスト版で分かりやすいもの」
をどうにかして手に入れたかったのです。

そこで私は、自分のために
ネットビジネス大百科の第2編「コピーライティング」を
テキスト化することを決意し、実際にそうしました。

PDFにして印刷しても読みやすい形にしました。
目次を作り、重要箇所には太字、赤字を入れ
改行にも気を遣いました。

特に木坂さんの話し言葉を文章にする際には
元の書き起こし原稿を改変し過ぎて
異なったニュアンスにならないように、

しかし、かといって文章として読みにくくならないように
非常に気を遣いました。

絶妙なバランスで、木坂さんの語りたいことが
確実に文章でも伝わる形で加筆・修正しました。

そうして完成したのが

『ネットビジネス大百科第2章コピーライティング リライトレポート』

です。

正直、この「リライトレポート」は
メインコンテンツである音声の方よりも重宝してますし
私自身、何度も読み込み、復習しています。

この「リライトレポート」だけでも
十分に教材代の元は取れてしまうと思います。

この「リライトレポート」も
最初は自分の勉強のために作成したものですが
恐らく、当教材を購入した人の多くが
私と同じようにテキスト版が欲しいだろうと思いました。

そこで、この「リライトレポート」を
今回、特別に特典にすることにしました。

本当は手間がかかったので
自分だけで独占しておきたかったのですが・・・

と、そんなケチな事は言いません(笑)

私からネットビジネス大百科を購入してくれた方には
杉山限定特典として、

『ネットビジネス大百科第2章コピーライティング編 リライトレポート』

をお付けいたします。

特典の詳細については後ほどまとめてお話しますが
この「リライトレポート」をお付けしますので

「音声教材だから心配です」
「私は、文章で勉強したいのですが・・・」

という懸念を持たれている場合はご安心下さい。
その心配は払拭されました。

そして最後に

『4.返金保証の条件が曖昧

という欠点です。

当教材「ネットビジネス大百科」にも
元々返金保証は付いています。

それはどういったものかというと
こちらです。

ネットビジネス大百科 返金保証

つまり、

「購入後180日間実践して10万円も稼げなければ1週間以内に全額返金する」

というものです。

一見すると良心的な返金保証で
何も問題なく、購入者にとってリスクゼロと思いますが
実は少々不安に思われる部分があります。

それは、全額返金をしてくれるための
言わば「条件」の部分です。
販売ページにはこのように書かれてあるのがわかります。

「(略)・・・実践していただいたことを示していただければ・・・(略)」

この「実践したことを示す」ということが
実は難しい部分であり、
一体どのように示せば良いのか、少し具体性に欠けます。

つまり、「実践したことを示す」ということが
少々曖昧だということです。

これでは、万が一、購入者が”実践したことを示した”としても

「それでは示したことになりません。」
「それでは実践したことになりません。」

と、販売者側に一蹴されてしまう可能性が
少なからず残ります。

そのため、当教材に元々付いている全額返金保証では
少々不安材料が残ってしまうのではないか、と私は思いました。

そこで、万が一前述のようなことが起こった場合も考慮し
私の方からも全額返金保証をお付けいたします。

つまり、万が一販売者に連絡しても
全額返金保証が受けられなかった場合に
私の方にご連絡下さい。

私から当教材「ネットビジネス大百科」を購入していただいた方には
無条件で販売者の代わりに、私が全額返金保証させていただきます。

言うなれば、ダブル全額返金保証です。

ですので、返金保証に不安を持たれている場合でも
これで完全に不安やリスクが解消されたはずです。

というわけで、当教材「ネットビジネス大百科」が抱える
4つの欠点については、これで全て補うことができました。

これで当教材に関する一抹の不安材料も、
あなたが抱えるリスクも、もう無いはずです。

杉山真也からのオリジナル特典

先程から既にいくつか
私、杉山のオリジナル特典をご紹介していますが

ここで全ての杉山真也限定特典をご説明します。

私からご購入して頂いた場合には
このような限定特典をお渡しいたします。

【特典1】「最短でお金を生み出すインプット術(PDF)」

まず1つ目のオリジナル特典は
「最短でお金を生み出すインプット術」というレポートで
PDFで39ページとなっています。

こちらは、情報商材などあらゆる「コンテンツ」から
自分にとって必要な知識を効率的にインプットできるようになる
インプット術・勉強法をまとめたものです。

多くの人はいくつもの高額な情報商材や
何十冊という書籍を購入しても
全くと言っていいほどそれらを活かしきれていません。

「勉強が大事だから」「知識が大切だから」という理由で
インプットのためにお金を惜しまない人も多いですが
その割には学びきれていなければ、
実際に知識やノウハウを使いきれていません。

勉強のコストばかりがかさむ一方で
本人は勉強した気にはなっているので、
次から次と教材が増えていきます。

しかし重要なのは、”教材を実際に活用すること”のはずです。

教材を正しく、そして最大限活用することができれば
自ずとあなたの収益は増加するはずです。

しかし、それができていないのは
そういった”有効なインプット方法”を知らないからであり
実践できていないからです。

そのため、

「どのようにインプットすれば良いのか」という
ノウハウを中心に

教材選びの基準から
文章、音声、動画という、異なる形式のコンテンツ毎の
効果的なインプット方法まで。

さらには、

勉強しているだけなのに、無意識に、そして自動的に
なぜか自分オリジナルのコンテンツが完成してしまう方法

また、

”無限に”自分のオリジナルコンテンツを生み出す
ある意外な方法も教えます。

この方法はある意味非道徳なやり方ですが、
しかし合法的な方法です。

実は私はこれを今も実践していて、
ずっとひた隠しにしていたノウハウです。

そのノウハウもお教えします。

これらのノウハウは恐らく、未だ誰も話していないことですし、

このインプット術という面に関しては
”この方法”を知らないために

現状、この業界で多くの成功できない人を
生み出してしまっている原因の1つだろうと
私は思っています。

ですから、

あなたがこれから自分の力でビジネスをし
着実に収益を生み出す過程において
かなり重要なテーマでもあると思います。

ぜひ受け取って欲しいと思います。

【特典2】「ネットビジネス大百科第2章コピーライティング編 リライトレポート」

これは先にもお話しましたが
「ネットビジネス大百科」の木坂さんのパートである
第2章の「コピーライティング」の音声及び書き起こしを

私が読みやすく加筆修正・改変して
PDF(170ページ)にまとめたレポートです。

本音を言ってしまえば、

この170ページのPDFを手に入れるだけでも
購入代金を支払う価値は十二分にあります。

それぐらい自信のあるものですし、
実際に私自身使っていて、
未だに価値を感じているマニュアルです。

何より音声で聞くと、次から次へと
情報が流れ去っていってしまう感じですが

テキスト形式にしたことで
非常に体系化されたものになりました。

ぜひこちらも受け取って、使ってみてほしいと思います。

【特典3】「木坂さんのマネタイズプレセミナーの音声要約レポート」

何年か前、木坂さんが自身のセミナーの前に
メルマガ読者に予習のような形で
「マネタイズプレセミナー」という音声を配布されました。

こちらの特典は今回、その音声を
私が要約してPDFにまとめたものです。

元の音声「マネタイズプレセミナー」自体は
約1時間50分でしたが
この内容があまりにも濃密でした。

私はその音声を聴いた時
何度もハッとしました。

なぜなら、そこに色んな気付きがあったからです。

世の中の状況を時間軸(過去、現在、未来)を飛び越えて
分野横断的に深く語ることができる木坂さんだからこそ
学ぶべきものが多くありました。

内容としましては
「2つの〇〇」ということに関して3つ語っています。

  • 2つの支配
  • 2つの力
  • 2つの避けるべき思考

の3つです。

私はその音声で資本主義の本質を知り、
世界観がかなり変わりました。

残念ながら木坂さんに許可を取っていないため
音声をそのまま配布することはできませんが
代わりに、そのエッセンスをレポートにまとめましたので
そちらを御覧ください。

このレポートだけでももしかしたら人によっては
数万円の価値があるかもしれません。

一瞬で世界の見え方が変わり、
収入が激変する可能性さえあります。

【特典4】杉山の個別サポート権(メール・スカイプ)

そして最後に、私の個別サポートの権利を
特典とさせていただきます。

こちらについても先にお話したとおり
当教材「ネットビジネス大百科」自体にはサポートが付いていませんので
私からサポートをお付けします。

サポート自体は基本メールにて行います。
状況や要望に応じてスカイプも使用します。

当教材の内容に関して、その知識やノウハウでわからないこと、
また、ネットビジネスやアフィリエイトに関して知りたいことなど

あなたが当教材によって、稼ぐために必要なフォローは
私が可能な限りで全力で行わさせて頂きます。

ただし、期限は購入から1年間、回数は無制限とさせていただきます。

期限は無期限でも構わなかったのですが
「無期限」というのは厳密に考えるとウソになってしまいますので
一応期限を設けました。

(「100年後もサポートします」というのはありえないですからね)

また、期限を設けることで
購入者様に実際に行動を起こしてもらうのが狙いです。

というのも

「来年やればいいや」
「再来年やればいいや」

とズルズルと稼ぐための行動を先延ばしにされては
いつまで経っても稼がせることができません。

ですので、「1年間しかサポートしませんよ」と
デッドラインを決めて、多少焦って頂き、
教材を実際に実践してもらい、
行動してもうらうことを促すことにしました。

あなたにも適度な緊張感を持ってもらうことで
より確実に、あなたを成功へ導くお手伝いをさせていただきます。

以上4つが、私、杉山からの限定オリジナル特典となります。

ただし、これらの特典は私自身非常に
価値の高いものと自負しているので
正直、あまり広めたくない内容も含まれています。

そのため、予告なく特典を削除する可能性もありますので
その際はご了承下さい。

つまり、あくまで期間限定特典とさせていただきます。

※この記事内で特典が紹介されている現時点では
 まだ特典をお付けしていますので、ご安心下さい。

目の前にあるのはチャンスだけ

ここまで長々と「ネットビジネス大百科」という教材の
魅力やメリット、時には欠点など語ってきました。

もしかしたら、あまりに正直に話しすぎたかもしれません(汗)

そして、現時点で私が用意できる
最高の特典をお付けしました。

十分過ぎる保証も付け加えました。

なぜ私がそれほどまでにするかというと
もちろん、「ネットビジネス大百科」という教材を
私から購入して頂き、私自身が稼ぎたいからです。

それは当然のこととしてありますが

何より、あなたにすぐにでも
この「ネットビジネス大百科」を手に入れて欲しいからです。

というのも、はじめの方でお話したとおり

私のネットビジネスに対する認識、アフィリエイトに対する認識を
正しい方向にガラリと変えるキッカケを与えてくれたのが、
紛れも無くこの「ネットビジネス大百科」だからです。

私の間違った認識を改めさせてくれて
稼ぐために本当に必要な知識・スキルが何かを
気付かせてくれた教材。

ビジネスの本質が何かを教えてくれた教材。

それが「ネットビジネス大百科」なのです。

最初から本質を学ぶのがベスト

私はそれまで小手先のテクニックを追いかけたりして
短期的な収益を求めることにとらわれ
結局、欲しい結果は手に入れられませんでした。

そのため、随分遠回りしてきました。

本当にムダな時間、ムダなお金、ムダな労力。
「なんてもったいないことをしてきたのだろう」
そう思っています。

その後悔がずっと私には残っているのです。

「これを最初に購入していれば・・・」

と何度思ったかわかりません。

だからこそ、正直なところ、
あなたには遠回りはしてほしくありません。

私のブログをじっくり読んでくれているあなたに
ムダな時間やムダなお金、ムダな労力を
使ってほしくはありません。

どうか最短経路で成功して欲しいと思っています。

そのために重要なのは結局のところ
王道中の王道の方法なのです。

つまり、

  • コピーライティング
  • マーケティング

この2つのスキルをただ極めていくこと。
それに尽きてしまうわけです。

最短経路とは王道であり、正攻法

それを極めていくことは非常に泥臭いですし
かっこ良くもありません。

ですが、長期的にネットビジネスで成功している方々は
ほぼ全員この2つのスキルを持ちあわせており
彼らはそれらを日々磨き続けています。

そんな彼らと同じ道。

その道を歩み始めれば
決して短期的な成功は望めないかもしれません。

ですが、それはより確実な道です。

そして、何よりその道は大きな成功へと続いています。

そこにあるのは正攻法であり、いたって全うなやり方です。
「裏ワザ」の対極にあるものです。

その道を歩み始めるのに、もうリスクはないことは
すでにあなたにお話してきた通りです。

後はあなた自身がわずかな勇気を持って
挑戦してみるだけです。

当教材本編と特典を活用して頂ければ

情報起業家として、
またはアフィリエイターとして、
またはコピーライターとして

十分に稼いでいくことは可能なはずです。

それでは、これから始まるあなたの成功物語、
その第一歩を踏み出してくれることを期待します。

お待ちしています。

>ネットビジネス大百科(オリジナル特典付き)のご購入はこちら

追伸

ここまでお話してきても
やはりまだいくつか疑問を持たれてしまう場合も
あるかもしれません。

そこで、聞かれそうな疑問とその回答を
いくつかご用意しました。

つまり、Q&Aです。

Q1.販売ページがかなり怪しいですが、詐欺ではないんですか?

A1.はい。販売ページはかなり怪しいです。
私も最初見た時は怪しいと思い、すぐにページを閉じてしまいました。
ですが、ただ怪しいだけであって教材の中身はしっかりしてますし、
販売ページで語られていることは真実ですので、安心して下さい。

Q2.この教材だけで稼げるようになりますか?

A2.それは人によります。
なぜなら、その人が既にどれだけ知識を持っているかで
学ばなければならない知識やノウハウは変わるからです。

例えば、コピーライティングやマーケティングなどの原理原則は当教材で
十分に学ぶことが可能ですが、具体的なブログの作り方などは
学ぶことができません。

ですので、それに関してはネットで検索して学ぶか、
他の教材を購入して学ぶか、特典のサポート権を使って頂き
私が可能な範囲でアドバイス致します。

追伸2

私は、例えあなたを意図的に騙してでも
この「ネットビジネス大百科」を手に入れて欲しい
思っています。

もちろん騙してはいませんし、ウソは一切語っていません。

しかし、それぐらいの熱意を持っています。

というのも、この「ネットビジネス大百科」を購入してみれば
いかに他の多くの教材の質が低いのか。
そして、いかに陳腐な内容の商材が氾濫しているのか。

それらがわかるからです。

言い換えれば、

この「ネットビジネス大百科」という教材が
ネットビジネスで稼ぐための教材としての価値を測る
1つの基準となるのです。

これはどんなモノやサービスにも言えますが
優れたものを知ると、劣ったものがすぐ分かってしまうのです。

良いものを使ってみると悪いものがわかるため
買わなくても良いものがたくさん見えてくるのです。

つまり、本当に自分に必要なものが
自動的に認識できるようになるのです。

だからこそ、この「ネットビジネス大百科」を購入して頂き
その価値の高さを、まずは理解して欲しいのです。

「ああ、自分はこれだけをやればいいんだな」とか

逆に

「これぐらいはできるようにならなければいけないんだな」とか

「このレベルが稼ぐ人の基準なんだな」とか。

そういったことが自然とわかってきます。

そうすればあなたは
自分が今後買わなくても良い教材が
目に見えて分かるようになります。

つまり、ムダな出費も、ムダな時間も、ムダな労力も
かけなくて済むようになるのです。

そういった理由で、私は先ほど
”あなたを騙してでも・・・”というお話をしたのです。

私が基準として欲しい価値を
あなたもぜひ体験してみてください。

最後に

決済画面にて、こちらの表示があることを確認して下さい。

こちらの表示がありませんと
私のオリジナル特典をダウンロードすることができませんので
ご注意下さい。

>ネットビジネス大百科(限定特典付き)を購入する