大富豪の仕事術(マイケル・マスターソン)のレビュー・書評・感想

杉山です。

今回は、ダイレクト出版で出版されている
『大富豪の仕事術』という
行動術・習慣術系の本を
紹介・レビューします。

→ 大富豪の仕事術

「行動術」「習慣術」の本なら
私はまず、こちらをオススメします。

「習慣」に関する本では
「7つの習慣」が有名であり、そちらも優れていますが
それよりもより具体的な「行動」が
書かれているのがこの本です。

<この本を一言で言うとどんな本?>

成功者になるための超具体的な「行動」「習慣」が学べる本。

<こんな人にオススメ>

☑ 思考やマインドセットはわかったけど、具体的にどうすればいいかわからない人
☑ 成功者がどんな1日を送っているか、成功者のスケジュールを知りたい人
☑ 成功者に共通する行動術、習慣術を知りたい人
☑ 優先順位の付け方、目標設定、自己実現、モチベーション、時間管理に悩んでいる人

本書は、ダイレクト出版の本の中では
他の書籍に比べれば
それほど注目されていない本のように思いますが
私個人としては、この本はかなりオススメです。

というのも

この本は一般書店のビジネス本とは異なり
成功するための本質的な考え方と
具体的な「行動」や「習慣」が
両立して正直に書かれてあるからです。

そして、その内容に説得力があるのです。

それもそのはずで、この『大富豪の仕事術』の著者は
マイケル・マスターソンという年商100億円以上の会社を2社、
年商50億円以上の会社を2社、10億円以上の会社を
10社以上保有する本当にトップのビジネスマンです。

マーケッター、起業家として大成功を収めている人間である
マイケル・マスターソン氏がどうやって成功したのか。

その結果を生んだ「行動」や「習慣」、
そしてその元となる「思考」が、
この本では赤裸々にわかってしまうのです。

巷の本屋に陳列されてある
にわか起業家が書いたほとんどのビジネス書では
説得力や科学的根拠のない
個人的な行動術・習慣術しか語られていません。

しかし、この本は、
そのような陳腐な本とは一線を画します。

やはり、著者の実力がとてつもなく大きいだけあって
内容が深く、本質を突いているのです。

そして、読者に決して甘いことを言っていないというのも
この本が本物のビジネス書であり、
その著者が本物中の本物であることも理解できます。

この本のおすすめポイント

1.ゴールに到達するために課題リストを毎日つくる

本書の中で

「その日の計画を立てなければ、結局、自分のためではなく、
他人のために働くことになってしまうのだ。」

と記されている。

まさにその通りですね。

やるべき課題、こなすべき仕事を意識しなければ
外から勝手にどんどん課題や仕事が増えて
それで1日が終わってしまいます。

そういったものはのほとんどは
自分の「ゴール」の達成とは
無縁のものばかりです。

特にインターネットビジネスでは
メールボックスに大量のメール(メルマガ)が入ってきて
「読め読め!」とプレッシャーをかけられます。

目を通したり、
返信しなければならないことが
増えていきます。

やるべきこと、ノルマ、課題が
どんどん増えていきます。

油断するとそういった「他人の要求」に応えることばかりが
自分の仕事になってしまうのです。

ただ、これでは有益な成果は得られません。

なぜなら、外から入ってくるタスクは
ゴール達成のためには無関係なことばかりだからです。

そこで著者は、自分の時間を管理するために

「自分だけのために作った課題リストに従ってその日の計画を立ててしまう」

ことが一番だと言っています。

彼はそれで生産性が4倍に増えたそうです。

そして、1日の課題リストは、
前日の終わりに作っているそうです。

これは私も賛成ですね。
私自身も実際に普段からやっています。

「課題リスト」はいわゆる「TO DOリスト」だと思いますが
その日の朝に作るのは遅いですね。

朝こそ最も重要な時間であり
忙しい時間です。

朝には最も大事なことをやるべきです。

ですから、1日がスタートする前には
課題リストを作成しておくべきです。

ちなみに私は、
クレジットカードくらいの大きさの付箋に
課題リストをどんどん書いて管理しています。

付箋にしておくと、身軽にペタペタと
移動させることができて
実はかなり便利なんですね。

パソコンの縁に貼っておいてもいいし
手帳に貼り替えてもいいし、
課題リストが持ち歩けるので付箋は便利です。

もちろん、パソコンやスマホで連動できる
メモ帳に「課題リスト」を書いておくのも良いのですが、
紙に書いたほうが個人的には好きです。

なぜなら、紙に書くことで存在感があり、
「課題リスト」が目に入りやすいからです。

オンラインのメモ帳では、そうはいきません。

そして、紙に書いた課題リストで
終わったものは線を引いて削除するのが
意外と快感です。

私は赤線で塗りつぶしてチェックしていて、
かなり達成感があります。

おすすめです。

さて、本書の内容に戻ると

この本には、名著「7つの習慣」のエッセンスも
実は含まれています。

やはり
『重要だが緊急ではない課題を最優先すべき』
ということを言及しています。

これはもう鉄則ですね。

そして、そのためには
「課題リスト」をつくるべきということに
つながってくるわけです。

2.なぜ早起きすると稼げるようになるのか

短い言葉ですが、私が衝撃を受けた言葉があります。

それは

「最初にすべきことを最初にする」

というものです。

単純明快で、誰もがなんとなくわかっていることですが
本当に実行できている人は
実はほとんどいないのではないでしょうか?

最初にすべきことを最初にしてますか?

著者は、それを具体的には

「最初の1時間を、最も重要なゴールに通じる課題のために使う」

としています。

要は、1日のうちで朝が最も重要な時間で
その朝の中でも最初に最重要課題をすべき、というわけです。

あなたは朝一番の貴重な時間で
メールチェックなんかしてませんか?

メールチェックは朝一番にすべきことではないです。

著者は実際、メールの返事を書くのは1日に1回だけで
それも1日の終りにまとめてしているそうです。

3.成功する人、しない人の大きな違い

著者は成功する人としない人の違いを
こう考えています。

『うまく「人生を変えられた人」はすべてが「うまくいく」のを待たない』

要するに、完璧な準備ができなくても、
良い環境が整わなくても、
実行する、行動するのが
成功者だということです。

本書の中で登場するロバート・リンガー氏によれば

「行動しない限り、モチベーションは得られない」

そうです。

これは、「成功者はモチベーションを待たない」
ということです。

よく「モチベーションが上がりません」
という人がいますが、成功する人は
そういった「モチベーション」を
「行動しない理由」にしないのです。

ではどうしているのかというと

『行動からモチベーションをつくりだしている』

のです。

成功する人は、とにかく行動して
とにかく始めてみるのです。

そうすることで次第にモチベーションが生まれ
自分のゴールを達成するための課題を
淡々と継続的にこなせるのです。

そうすることで、成功できるのです。

その他、ためになる興味深い項目

他にも、大きな学びとなる
優れた行動術、習慣術はたくさんあるのですが
紹介しきれませんので、

ぜひ読んで欲しい
各章、各項目をこちらに列挙しておきます。

  • 優先順位を決めるための3つの質問
  • 金、蒸気、酸という3つの選択
  • 仕事場を完璧に整理整頓する方法
  • 稼ぐ時間を作る4つのポイント
  • 生産性を最大限に伸ばす時間配分法
  • ゴールを決めるか?それとも夢を見続けるか?
  • 大成功を収めた麻薬中毒者の3つの習慣
  • ほとんどの人にプラス思考が効かない本当の理由
  • 「なりたい自分」に生まれ変わる方法
  • 儲けるためのとっておきの読書術
  • 優れた読書素材の選び方
  • 優れた素材をスピーディに読む方法
  • 大人の読書とはUBIを見つけること
  • あなたは情報中毒者、それとも情報ユーザー?
  • 情報の大洪水に飲まれず逃げ切る方法
  • 電子メールは朝一番に読んではいけない
  • お金を3年ごとに倍増させる5つの秘訣
  • 億万長者と普通の人を分ける8つの違い
  • 億万長者が決断する2つのポイント

特に私が読んでよかったと思ったのが

  • 儲けるためのとっておきの読書術
  • 優れた読書素材の選び方
  • 優れた素材をスピーディに読む方法
  • 大人の読書とはUBIを見つけること
  • あなたは情報中毒者、それとも情報ユーザー?
  • 情報の大洪水に飲まれず逃げ切る方法

ですね。

ノウハウコレクターでずっと稼げていない人は
この辺りは絶対に読むべきですね。

インプット術としては
かなり参考になる項目でもあります。

私はこれらを読んで
インプットやアウトプットの方法や習慣が
ガラッと変わりました。

そのおかげで、ビジネスが
かなりうまくいくようになりました。

ここはぜひ読んでほしいです。

また、個人的にとても面白いと思った項目が

  • 大成功を収めた麻薬中毒者の3つの習慣

ですね。

これは、なんと麻薬中毒者から成功法則を抽出している
とても斬新でユニークな内容です。

もちろん「麻薬中毒者になれ」という話ではないですが
彼らの持つ「3つの習慣」は
確かに成功へつながるものなので
それらは取り入れるべきだと納得しましたね。

「なるほど!」と感心しましたね。

行動、習慣はこの本で強化しましょう!

この本は、単なる抽象的な
「思考」や「マインド」だけの話ではなく
具体的な「行動」「習慣」が学べる本です。

よく考えてみると
そういった本というのは
実はほとんど世にリリースされていないと思います。

ですから、本書は貴重な存在です。

私のおすすめは
スティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」と
合わせて読むことですね。

抽象的で本質的な「7つの習慣」と
具体的で実践しやすい「大富豪の仕事術」。

これらを両方読んで活用すれば
本当に成功するための行動や習慣が
しっかり定着するはずです。

ぜひ手に入れて下さい。

→ 大富豪の仕事術(マイケル・マスターソン)

※万が一購入して気に入らなければ
購入して90日以内なら返品して全額返金されますので。

とりあえず一読してみて下さい。