2.コピーライティングとは何か 【ライティングの原則と心構え】

杉山です。

「コピーライティング」とは何か。

ここでは「コピーライティング」というものの
定義や明確な意味や価値をお話します。

そもそも

“「コピーライティング」という言葉が一体何を差しているのか”

という問題があり、
その定義が人によってバラバラで、
とても曖昧になりがちなので、今一度確認したいと思います。

「コピーライティング」というものを、
ある人は「文章でモノを売るスキル」と言ったり、
ある人は「うまい文章を書く力」と言ったりします。

もちろんその他にもいろんなことを言う人がいます。

そのほとんどは大きく外れているわけではありませんが、
ここでは私なりの「コピーライティング」の定義を
ハッキリさせて頂きたいと思います。

それは

『コピーライティング=人を行動させる文章術』

ということです。

つまり、コピーライティングとは

「人に何かしらの行動をさせる」という“目的”を持った上で、
それを“文章によって”達成する“技術”である

ということです。

これが私の中でのコピーライティングの定義です。

このように考えると、
必ずしも「商品を売ること」が目的である必要はありません。

  • 自分のブログ記事やメルマガを読み進めてもらうこと。
  • リンクをクリックしてもらうこと。
  • ランディングページで自分のメールアドレスを登録してもらうこと。
  • アンケートに答えてもらうこと。
  • 返信メールを送ってもらうこと。

などといった、

商品を購入してもらうことだけでなく、
それ以外の何かしらの行動をさせるためにあるのが
コピーライティングです。

そして、そのような行動を促す手段として、
ただ文章を使っているということです。

読み手や見込み客を書き手の
思い通りに行動させることが可能になるのが、
まさにコピーライティングなのです。

ですから、

言葉や文章のみで見込み客や読み手を行動させ、
最終的に商品やサービスを購入してもらう必要があるような
インターネットビジネスにおいては、
コピーライティングが非常に重要なスキルであることは、
言うまでもないことと思います。

もちろん、

文章によって人を行動させることができるようになれば、
対面で会話する時にも行動させることができるようになります。

なぜなら、

文章だろうと対面だろうと相手に言葉を伝えることには変わりなく、
人は言葉によって心が動かされ行動するからです。

言葉を自由自在に操ることが可能になれば、
相手の興味や関心を惹くことも、
相手の共感や信用を得ることも、
相手の行動を促すことも容易になるのです。

この「コピーライティング」というスキルが
あなたにもたらす恩恵は計り知れません。

ですので、私としては兎にも角にもご自身の
コピーライティングスキルを真っ先に鍛えて頂き、
すぐにでも実際に使ってみてほしいのです。

そして、できれば一生をかけて
そのスキルを向上させて欲しいと思っているのです。

実際、私はそのつもりです。

コピーライティングはビジネスという分野においては、
世の中のどんな資格や技術、学歴よりも
あなたに利益をもたらし、
役に立つものだと考えています。

それは、ビジネスでは必ず人を動かす必要があり、
そのためにはその人の“心”を動かす必要があり、
そこに直結するのがコピーライティングだからです。

TOEICで〇〇点とか、IQが高いとか、〇〇大学卒とか、
そういった資格、能力、学歴よりも遥かにお金になるスキル。

それがコピーライティングだと言えます。