リンクエラーを検出してくれるWPプラグイン「Broken Link Checker」のインストールと使い方

杉山です。

今回は、WordPressのリンクエラーを
自動で検出してくれるプラグイン
「Broken Link Checker」の
インストールと使い方をご紹介します。

リンクエラーを探すのって大変!

WordPressを長い期間運営していると
コンテンツも溜まってきて、その中にたくさんの
URLやテキストリンクなどのリンクが含まれるようになります。

そういったリンクはリンク先が消えたりして
エラーになってしまうこともあります。

ただ、そういったリンクエラーは
通常自分では気づきません。

だからと言って、調べるために
常にすべての記事のリンクを踏んでみて
ちゃんと正しくリンクが機能しているか
チェックするのは現実的ではありませんよね?

手間と時間がかかりすぎます。

そんな時にリンクがエラーになったら
それを自動でお知らせしてくれたら便利ですよね?

それができるのがこの
「Broken Link Checker」
というプラグインなんですね。

リンクエラーを放置しておいたらダメ?

そもそもリンクエラーって
放置しておいたら問題なの?

そんな疑問が聞こえてきそうですが、
放置はしない方がいいです。

というのも、

訪問者さんがエラーになっているリンクを
踏んでしまうことで
不快感を与えてしまいます。

ユーザビリティが悪くなります。

すると、そこでブログから離脱されてしまうかもしれません。

そういったことが重なることで
Googleからのブログの評価が下がり
SEO的に不利になります。

なので、リンクエラーは放置しない方がいいのです。

ぜひ、「Broken Link Checker」を導入しましょう!