3.3NOT(スリーノット) 【ライティングの原則と心構え】

杉山です。

次にお話したいのが、
「3NOT(スリーノット)」です。

これはコピーライティングの大原則とも言えるものです。

3NOTとは何かというと

  • お客さんは100%読まない
  • お客さんは100%信じない
  • お客さんは100%行動しない

という、お客さんが商品を購入してくれるまでに存在する、
売り手にとっての“3つの壁”のことです。

ブログ記事、メルマガ記事、セールスレターなど、
文章で書かれたどんなものでも、
お客様(読み手)は基本的に読んでくれません。

「自分が書いた文章は絶対読んでくれる」と思ってはいけません。

読みません。

これはあなたが読み手の時のことを
考えてもらえればわかりますが、
ほとんどのブログ記事やセールスレターを
いきなり一字一句くまなく読むことはないはずです。

最初にその文章(記事)を眺めた時に、
続きを読みたくなればその先を読み始めますし、
その内容に興味や関心がなかったら読むのをやめるはずです。

そのことはあなたの読者や見込み客も
決して例外ではありません。

そして、例え読者(見込み客)が
その文章を読み進めてくれたとしても、
その内容を信じるとは限りません。

その内容に読み手が共感したり信用できなければ、
商品を購入することなど決してありません。

そして、

例えその文章の内容・商品・書き手のことを
信じてもらうことができたとしても、
「商品を購入する」という行動を起こしてくれるとは限りません。

見込み客は

「価格が高い」
「後で買おう」
「満足できなかったらどうしよう」

といったいろいろな理由を持ってきては、購入をためらいます。

ですから、

この

①「読まない」
②「信じない」
③「行動しない」

という3つの壁を順番に1つ1つ越えて行かないことには、
決して商品は成約しません。

つまり結局のところ、

商品を売る側である我々の使命、我々の仕事は、
この3つの壁を越えていくことに他なりません。

逆に言えば、

この3つの壁を順番に越えることだけが
私たちの仕事と言っても過言ではありません。

今後あなたが学ぶコピーライティングの
あらゆるテクニック、ノウハウ、テンプレート、マインドセットは、
全てこの3NOTを越えるためにあります。

ですから、

これからあなたがブログ、メルマガ、セールスレター、
その他あらゆる文章を書いていく上で、
「この3つの壁を越えるんだ」という意識は
常に持っておかないといけません。

そして、

常に今書いている文章は
「どの壁を越えるためのものか」という意識を
忘れてはいけません。

これら3つの壁の内、
どれか1つ以上の壁を越えるために
無関係な文章は含めてはいけません。

これからあなたが書いていく文章は、
全てに意味や意図を持たせていないといけません。

そうでない文章は削除すべきです。

それがコピーライティングというものです。

これが大原則になります。